愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

初めてのヘアサロン

10年以上英国に住んでいるけど、行ったことない場所まだまだあります。
ローマ帝国の遺跡で有名な街バースや、イギリス国教会の総本山のカンタベリーにも行ったことないです。
リバプールは2回くらい行って観光も少ししましたが、ビートルズ関係の場所は全く訪問してません。


しかし観光地云々の前に、ふつうの人なら必ず行く所に私はまだ行ったことがなかったので、今回連れの付き合いでヘアドレッサーなる場所、初体験です!
しかも、見学のみ!


いや〜、だって、英国人にハサミ持たせて髪の毛切らせるとか、考えるだけで恐怖じゃないですか。折り紙で鶴も折れない、リンゴの皮むきも出来ない人達がハサミ持つんですよ!
しかも私の毛は、日本人もびっくりするくらい太くて固い。
ざっくりカットしただけでなんとなく格好がつく超極細で柔らかい髪ばかり扱っているこちらのヘアドレッサーさんには、私の毛は未知の領域です。
だから、自分で切るか日本に帰った時にカットしてもらうかが普通です。
(ロンドンには日本人のやっている美容室もあるんですけどね〜。近所にないのでついその存在を忘れてしまって髪の毛がぼさぼさのび放題になると自分で切ってしまうのです)
絶叫系が苦手で東京ディズニーシーのセンター・オブ・ジ・アースで恐怖のあまり声も出ず腰を抜かしましたが、英国のヘアサロンに行くくらいならもう一度これに乗った方がましです!


でも今回は付き合い、見学だけなので恐怖心なし。
しかも、そこはユニセックスのヘアサロン。お洒落なサロンというよりは、老舗という感じなので中年以上の常連客が多いお店です。男性客も女性客も歓迎。
それなので、さり気なくどういうふうに女性客を扱うのかも観察できます。


幸運なことに、私達が入ったすぐ後に英国人のおばちゃんがやって来ました。
お店の方との親しげなやりとりから、このおばちゃんも常連さんと察しがつきます。
新聞を読むフリをしながら、おばちゃんがどうなっていくのか、さり気なく見守ります。


まずはおばちゃん、いきなり洗髪用のコーナーに連れて行かれました。
そして、髪の毛梳かすことなく、おばちゃんの頭皮に温水が注がれます。
ちょっと濡れてきたら、そこで温水は終わり。
えっ、それだけ?
そして、シャンプーをつけて洗髪。


じろじろ見ているのもなんなので、ここで新聞に目を落とすふりをして視線をそらしました。
そして、次に顔をあげた時にはすでにおばちゃんのシャンプーは終わっていたのです!


なにそれ、2分もかかってないじゃない!


これでプロの技なの?


これでお金取ってるの?


冗談じゃないわよっ!


どうも、そのおばちゃんはシャンプーとセットのみのようです。
カットするところ、見たかったなあ。
だから、ヘアドレッサーさんはドライヤーでおばちゃんの濡れた髪の毛をかわかして軽くブラッシングするのみ。
プロっぽいドライヤーの動かし方とかブラシの使い方とか、ないんです。


私だって、そのくらいできるわよっ。
ていうか、一般人の日本人のほうがが絶対うまいって!


連れが私に髪の毛を切ってもらいたがる訳がなんとかく分かった気がしました。
おっさんの流行の髪型なんて分からないし面倒なのでたまにしか切ってあげないのですが。
確かにこんな素人まがいの詐欺もどきのヘアサロンに来る必要はないと思いました。
そういうことで、連れの髪、次は私が切ります。




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
No title
とりあえず、日本人の美容師友達をつくるとか!
個人的にカットしてくれると思う。
日本人は器用ですよねー(つくづく)
2013/10/19(土) 12:58 | URL | Sabimama #cbwYL0zY[ 編集]
Subimamaさん
確か日本人の美容師さん、出張サービスもしてくれる方いると思います。
いざとなったら、連絡日本人の美容師さん。
お箸の文化、バンザイ。


2013/10/20(日) 07:03 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR