愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

甘過ぎ!

英国は、日本と比べるとスーパーマーケットとかであまり試食できる機会は少ないようです。
試食用のトレイとかあまり置いてないし、食品会社もあまり販売員を派遣しないようです。


私は、日本でも英国でも試食というと飛びついてしまうタイプ。
特に昼食直前にスーパーマーケットに入ってお腹がすいている時に勧められては、断る理由はありません。


販売員さんにもらってしまったのは、bakewell tartというタルトにちょっと黄色のソースがかかったもの。
多分、インスタントのカスタードソース(英国人の大好物。卵黄感のまったくないカスタードです。最初はかなりの衝撃でした)です。
空腹で思考力の弱っている(?)時だったので、何も考えずに口の中へ。


あっ、

あっ、

あっま〜〜〜〜!


味蕾の限界超えの砂糖の量!
そう、市販のbakewell tartは、もともとかなり甘めで購入しない品目でした。
それに更に砂糖いりのカスタードソース。
これは、拷問に近い甘さです。



よくこんなに極度に甘いもの、こちらの人は平気で食べれるよな〜、と感嘆。
日本人と英国人では、甘さの感覚、違うようです。


海外の有名チョコレート菓子は、日本でも発売されています。
スニッカーズ。キットカット。モルティーザーズ(日本では販売終了みたいですね)。
でも、英国ではキングオブチョコレート菓子のマーズバーは発売されてないです。
マーズバーは、英国や海外にいったことのある多くの方が挑戦したことのあるチョコレート菓子だと思います。
そして、多くの方は初めの一口で「うえ〜」となって食べること継続困難となったことと察します。


マーズバーは、甘過ぎるんです。
スニッカーズもモルティーザーズもなんとか許容範囲なのに、マーズバー完食はかなりの試練を課してきます。
英国人には、この甘さの違いが分からないようです。
マーズバーに衣を付けて油であげたものがスコットランドでは食べられています。
ジャンクフードの王様のようなこのマーズバー揚げのほうが、実は食べやすかったりします(とはいえ、一口しかまだ食べたことはありませんが。衣と熱が甘さを柔らげ、思ったより熱くて溶けたチョコが美味しかったのだけ覚えてます)


でも、英国人がマーズバーを甘過ぎると表現するのをいまだに聞いたことはありません。
面白いのは、中国系英国人の人もマーズバーは甘すぎて食べられない、と言っていたこと。
英国で育って友達も白人系英国人が多い方だったので、マーズバーを食べるような機会はいくらでもあったと思うのです。
味覚の発達は、環境によるものが大きいのかと思ってましたがそうでもないようです。
東洋系は、甘さに関する味蕾がアングロサクソンやケルト系の欧米人とは違うのでしょうか。


これだけ甘いものを平気で食べられる英国人、すごいです。
これだから、日本のだしのうまさとかなかなか分かってくれないし、シェフでさえ豆腐を「味がない」とか表現してしまうんでしょうね。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
No title
読んだだけで 歯が痛い~アハハ♪
味覚レベルが かーなり違うようですね!
もともと 体のつくりの段階から 甘いもの感じるの鈍い
DNAだとか そういうことなのかしら~
読んだだけで 歯が痛い~ 
拷問レベルの甘さって~ アハハ♪

お土産のツタンカーメンあひる☆可愛い❤ね!
あれ 日本にツタンカーメン来た時に お土産で
売ってたら 絶対買ったのに☆ ちぇっ
2013/09/20(金) 09:09 | URL | サクさく #-[ 編集]
No title
パン屋も「デコレーションごてごてのデニッシュ」ありませんか??
ケーキみたい!でもパンだからケーキより安いから食べ過ぎてお顔まん丸に!
(経験談)σ(^_^;)
味覚が貧困だと思います。
味覚が高度なら、食事ももっと美味しいはず。
★味覚が貧困=食文化の低さ=美味しい物が少ない。。。。。

住んでる方には失礼な図式ですね。
でも当たり???
(例外、、、フィッシュ&チップス!)
2013/09/20(金) 09:51 | URL | Sabimama #cbwYL0zY[ 編集]
No title
マーズバー、存在を知りませんでしたが
どうやら恐ろしい物のようですね(>_<)
インドのお菓子もかなり甘かったです。
こめかみが痛くなりそうな甘さで・・・
植民地だったからあれはイギリスの影響かと思いました。
2013/09/20(金) 18:46 | URL | 猫野ぷりん #-[ 編集]
美味しいより合理的
はじめてコメントさせていただきます。

以前英国の食堂で本日のスープを飲んでみると、なにやらどこかで飲んだような味。
具の野菜は歯ごたえなく、どうみてもホームメイドではない。セインズベリーの缶スープでした。

それでも英国の町の食堂では市販の冷凍食品やレトルト食品を平気で出す所が案外多いようで、地元の英国人もおいしいと満足してたりする。
食に対する興味のなさはなかなかで、大陸のラテン人達とは大違い。

それでも、皿一枚で済んでしまう料理は、手間暇かけるのが嫌いな、面倒くさがりの英国人なりの合理主義なのかもしれません。
2013/09/20(金) 22:28 | URL | coffee plus #-[ 編集]
Re: No title
私もかなりの甘党だけど、英国人にはついていけませんっ。
まさか甘さがこんなに辛いものだとは、こっちに来るまで気付かなかったー.ー;
きっとDNAよ〜。

大英博物館のあひるはお土産に最適かも〜。
お風呂に入る時、ぷかぷか浮かべて癒されて。
古代ローマとサムライあひるもありま〜す。
2013/09/21(土) 06:57 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
Re: No title
お顔まん丸くらいですめばいいけど〜。
私の場合は全身ぶくぶく〜。
それでも甘いものを食べるのは、きっと甘くなくて美味しいものが英国にはあんまりないからかも〜?
栄養失調で入院する子供が増えているという英国。
その一方で、肥満の子供も増加する一方。
食に関する根本的な問題があるんだけど、味覚にも問題があるとは、考えもしないだろーなー。
2013/09/21(土) 07:03 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
Re: No title
インドにもあま〜いお菓子ありますね!
砂糖が貴重品だったための名残なのかしら。
でも、一般的なインド人はまさか毎日のようにあんなものは食べないでしょうね、さすがに。
Mars Barは、機会があったらお試しくださ〜い。
2013/09/21(土) 07:10 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
Re: 美味しいより合理的
コメント有難うございます。

確かにカフェやレストランで、缶スープをそのまま出しているところありますよね。
しかも、あまりおいしいものではない。
英国人も一応「病院の食事はまずい」とか言ってたりするけど、どうすれば美味しいのかよくわからない。
彼らの表現する「おいしい」が、まだうすぼんやりとしかわからない。
(油分多め、塩多め、砂糖多め、辛さそれなり多めに、ってこと?)

合理主義が優先する食事。でもなんだかついていけな〜い。
2013/09/21(土) 07:19 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
mikenoko
はじめてのコメントです。 よろしくお願いします。

イギリスのチョコに慣れてか、日本で食べるチョコをなんだか物足りなく思ってしまう (こわい、こわい) 私ですが、やっぱりマーズバーだけは食べられないです!! 
2013/09/23(月) 23:02 | URL | mikenoko #-[ 編集]
Re: mikenoko
コメント有難うございます。こちらこそよろしくお願いします。
甘いものがどんなに好きでも、マーズバーはやはり次元の違う食べ物のようですね。
マーズバーがダメな限り、どんなに英国で揉まれて大雑把になっても日本人でいられる気がします〜。
2013/09/24(火) 06:49 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR