愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

イングランド暴動を振り返って

2011年に起こったイングランド暴動から二年たちました。


暴動は、黒人男性が警察官に射殺されたことをきっかけにロンドンの北東部トッテナムから起こりました。
最初は平和的なデモを警察署前で行っていたそうです。
それが、バスへの放火、警官との衝突、近辺の商店への放火と略奪、と悪化の一途をたどりました。
しかも、その影響は大きく翌日はほかのロンドンのエリアに飛び火して、略奪と放火と暴力は広まりました。
そしてイングランドの地方都市でも同じような暴動が発生しました。


最初は「暴動だ〜暴動だ〜」と、気楽にテレビでトッテナムの様子をテレビで観ていたものです。
暴動なんてニュースでみたことしかないし、日本では学生運動以降殆どありえない社会現象です。日本では長いことストライキすらたいてい回避されて、デモも平和に終わり逮捕者なんて滅多にありません。でも英国ではストライキは起こるし、デモでも盾(ライオットシールド)を持った機動隊が任務にあたり、しょっちゅう一部の過激な参加者が暴動を起こして逮捕されてます。
でも街中で勃発的におこる暴動はそれほど起こらないので、最初はけっこう好奇心でみていました。


それにしても、理解不能でした。
家電販売店を襲ってテレビを持ち運ぶ人々。
スポーツ用品店からスニーカーを何足も盗む人々。
なかには明らかに子供連れの母親の姿も。
なぜ?
そんなにテレビが欲しいの?
モノがいっぱい欲しいの?
ガラスを割って、ドアを壊して、そこまでして欲しいものって、ホントに人を幸せにしてくれるモノなの?


しかし、暴動が拡散するにつれ、ニュースが「遠くで起こっている他人事の事件」ではなくなりました。


当時住んでいたエリアのすぐそばまで暴徒達が押し寄せていたことをツイッターで知りました。
残念ながら、公式のニュースはこういう時は遅すぎます。
特に夕方から夜にかけてはツイッターを常にフォローして状況を把握する必要がありました。
そのエリアは大事にいたらず略奪も小規模でしかおこらなかったものの、あの晩の恐怖というのは今でもよく覚えています。


この暴動の五ヶ月前、日本では大地震がありました。
日本では自然の脅威に畏怖し、英国では人間の起こす災難に恐怖するのでしょうか。


英国では大規模な天災、つまり地震、津波、台風、火山などは殆ど起こりえないようです。
でも、人間が暴徒化して火事や殺人をおこす可能性は常にあるということ。
日本では地震が起きたからといって、略奪行為に走る人は殆どいないというのに。
というか、海外では地震とか大きなことが起こったら略奪が起こることが普通だと考えられているみたいですが(アメリカとか、地震のあとは決まって略奪)。


もともと英国で老後は送りたくないと思っていましたが、この暴動を境に絶対老後は送らないと決意しました。


暴動がありえる国。
それは、貧困、貧富の差、低い教育レベル、高い失業率、家庭崩壊、犯罪、ギャング文化などなど、理由はいくつもあげられるけど、どれも解決するのが難しい問題。


今年は穏やかに暴動もなく過ごせることを願って。
英国では地震がないとイイナ、じゃなくて、暴動がないとイイナ。
七夕みたいな習慣があったら、私はそんな願い事をするでしょうね。




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
No title
暴動は盗難のかっこうの理由になる。
本来の暴動は関心ないけど、よし!
この機会に乗じて、、、物をとる!
いかにも有りそうですね。
日本も福島で避難した留守宅を盗難で回る輩が居たそうです。

被災者なんて、関係ない、、、利用できるなら、いつでも何でもイイ。
クズの考えそうな事です。
2013/08/08(木) 09:47 | URL | Sabimama #cbwYL0zY[ 編集]
Re: No title
2年前のイングランドで暴徒化した人々は、関係のない人を襲って怪我させたり殺したりしてましたからね。
怖い〜。
そんなことが何かのきっかけで爆発したように突然起こってしまうなんて。
怖い〜。
2013/08/09(金) 06:26 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR