朝はぷうと一緒にベッドで幸せにふこふこまどろんでいました。

私の枕はぷうのベッド。5.2キロもあるぷうの体は枕をほぼ完全占拠。でもそのもふもふを感じられる至福の時。


なのに。
ぷうはいきなり立ち上がり、毛玉を枕の上に吐き出しました。
そして、何事もないように、ゆっくりと立ち去って行きました。


そんな枕ではもう眠れないので、仕方なく起きました。



あー、すっきりした。
2013-02-01 punn3


ん、な〜に、なんかあったの? 
2013-02-01 punn2


毛玉〜? そんなことあったの〜? ふ、ふ〜ん。
2013-02-01 punn


それでも猫はやめられない。




にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント