愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

イヤ〜な予感

上の階に住む強面のコロンビア人のおじさんが、またしてもやらかしてくれました。


このおじさん一家がいい加減な水周りの使い方をしているために、我が家や近辺住民は水漏れで大変な生活をころ数ヶ月しいられています。(事情はこちらより。ふつーの生活が欲しい)壁が常に水びたしなのでカビのみならずキノコも生えて、ガス湯沸かし器まで壊れる生活をしています。なんとか湯沸かし器は直ったのですが、大家さんは念のため電気工事士を今週中に派遣してくれるそうです。


私の住む建物は幾つかのフラットに分かれていて数世帯が暮らしています。その公共部分、入り口、階段と踊り場の床の工事が今週から始まりました。昼の3時間、11時から14時だけ公共エリアを使わないようにちゃんと事前に連絡がありました。床のコンクリート部分からしっかりと工事を行うので、まず床部分に基礎を塗って乾かす必要があったのですが。


大きな男ものの靴跡が、くっきりと。
その足跡を辿れば、上の階まで行き着き、コロンビア人のおじさんのフラットのドアの前で消えています。


さすがおじさん。
連絡を無視して堂々と基礎地の上を歩いてくれました。
やり直しが必要だということです。
おじさん、問題起こし過ぎです。
(ここまでくると、その面の皮の厚さを尊敬さえしてしまう)


でも、勿論誰も抗議に行ったりしません。怖すぎのおじさん。


来週はこのおじさん一家の強制退去が予定されています。
しかし、なんだかんだと法をかいくぐったり弁護士やソーシャルワーカーを見方につけて、居続けるのではないかと、イヤ〜な予感が。


小さな子供が二人いるようなので(しかも犬までいる)、ポンと追い出せる訳はないのです、転居できる家が決まっていなければ。


悪い予感が当たりませんように。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR