ぷう猫が旅に出て一年たちました

ぷうがいなかったら、英国みたいな国で生きていけるなんて思っていませんでした。
なんとか、頑張っております。
ぷうがいてくれたから、ぷうがもふもふしてくれたから。
なんとか、なる。
私の人生、もっともっと、弾けてみせる。


ぷうは、本当に良い子でした。
2010年の末から、当時19歳の先住猫のぱっちゃんが一気に老化が進んで調子が悪くなりました。
ベッドで寝ていたのに、それも辛くなったのか、ソファの上で昼も夜も殆どの時間を過ごすようになりました。
それから4ヶ月、ぱっちゃんが旅立つまで、ぷうはずっとぱっちゃんの傍にいるようになりました。
この二匹、仲良しではありませんでした。
いつも距離を保って、一度も抱き合うこともなく、すぐに「シャーッ」と威嚇し合う仲だったのに。
ぷうも、よく枕元に来て一緒に寝てくれたのに、それ以来全く来てくれなくなりました。
遊んだり、走ったりすることも殆ど止めて。
ぱっちゃんの近くで、ぱっちゃんの寝息の聞こえるところではないと、安心できなかったんだろうな。
それまで暴れん坊だったぷうはとてもおとなしくなってしまいました。


そして、ぱっちゃんがいなくなってから一年以上、ぷうは殆ど遊ばなくなりました。
人間風に言えば、多分介護疲れ、そのあと一種の鬱状態。
ぷうは、もともと繊細で神経質な子。
よその人は大嫌いだから逃げるし、引っ越して一週間も布団の下で隠れて過ごしたほど。
それだけ神経の細いぷうは、空気の読めるにゃんこ。
ぱっちゃんのことを気遣って、心配して。
ぱっちゃんがいなくなっても、なんとか元気になってもらおうと頑張ったけど、もとに戻るのに一年もかかってしまいました。
ありがとう、ぷう。
猫星で、ぱっちゃんと、仲良くもふもふしたり、ケンカしているのかな。
いつか逢いにいくから、待ってて。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト