カムデンはやっぱりゴミゴミ

先日、ロンドン有数のアヤシいエリア、カムデンマーケットの近くまで用事があって出かけてきました。

2017 かむでん6


夕方(八時半頃?)でお店は既に閉まっているのですが、それでもアヤシいニオイがプンプン。
2017 かむでん3


『キッチュ』から、『可愛さ』とか『小キレイさ』とか『アバンギャルド的』なモノを引き算すると、こんな`猥雑な感じになってしまうのでしょうか。
(カムデンを原宿と比較しないでよ〜、それって原宿に対して失礼じゃないの〜)
2017 かむでん4


入れ墨屋さんのシャッターのイラストのB級感が、安っぽくてカムデンしてるな〜
2017かむでん5


やっぱり、ゴミゴミしてるとリアルなカムデン。
2017 かむでん1


ロンドン繁華街っぽいよねー、散乱しているゴミとシャッターのいたずら書きのコンビって。
2017 かむでん2


カムデン・タウンの地下鉄の駅の周辺には、ホームレスが。
ロンドン中、昔から至る所にホームレスはいるといっても過言でなく、観光客で溢れてるカムデンはホムレスがいないことのほうが珍しいかも。
でも、この夜は4、5人ものホームレスが適度に距離を置きつつ駅の周りにいました。
この場所でこんなに多くのホームレスを見たことは初めて。


英国の景気は良い、とよく言われます。
EU離脱が国民投票で決まってからも、ポンド安でその危機を乗り越えているし、失業率も他のヨーロッパ諸国から比較して低い。
でも、現実は最近は政府による緊縮財政政策が続いていて(国の借金がすごくいっぱいあるらしい)生活が苦しくなっている人が多いのが実情です。
様々な生活保護や手当は、受け取る条件が厳しくなったり削られる。
医療費も引き締め、移民による人口増加と高齢者の増加にも関わらず。
しかもポンド安で物価が上昇してインフレ率も上がっています、給料が殆ど上がっていないというのに。
多くの英国人が、景気の良さを全く実感できない社会になってしまっているのです。


カムデンタウンの駅にホームレスの方が集中しているのを見ると、格差が広がって『持たざる者』や弱者に対して思いやりを欠く社会になっているのかなと思います。
以前はもっと弱者に対して優しい国だったのに。
公営高層住宅の大火災でも、被害者の多くは低所得者。
かなりの寄付金が集まったのに被害者への配分が遅れに遅れていたり、被害者への救済活動が全く組織化されていなかったり、自治体の責任者が出てこなかったり。
被害者や周辺住民の憤りがおさまる筈がありません。
まさか暴動にまでつながるとは思いたくない。
今週は、少しは英国が良い方へ前進しますように。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト