英国という国が、漂流しているような気がする

最近の英国のダメダメっぷりといったら、前代未聞。


三ヶ月という短期間で、三件もの大規模なテロ事件が起きました。
ウエストミンスターのテロはガードレールがあればある程度防げるものだったし、マンチェスターとロンドン橋のテロは犯人をきちんと監視していれば発生していなかったかも知れない。
(ウェストミンスターの犯人は、暴力的な人物で犯罪歴があり刑務所に入っていたこともあった、しかし、いつどのように過激な思想に触れたのかは不明。しかも、50代。多くのテロリストは比較的若いので、監視の対象になりにくかったのは容易に想像できる。が、マンチェスターのテロの犯人は、彼の発言に不安になった人が警察に連絡している。ロンドン橋のテロの実行犯の一人は、過激な原理主義を扱うドキュメンタリーテレビ番組の出演していたほど。それから、イタリア人の犯人はシリアに渡航しようとしたことから、要危険人物としてイタリアから通告が世界に発信されていた。それなのに英国に入国していたのは、どうしてなのか)


そして、解散総選挙の結果が、英国の将来をますます不透明なものにしてしまいました。
過半数に達しなかった保守党。
EU離脱の交渉が難航するのは必至。
総選挙後の世論調査では、労働党より保守党のほうが6ポイントも高いという結果がでました。
Labour take five-point lead over Tories in latest poll
(記事によると、労働党45パーセント、保守党39パーセントだから違いは6パーセントなのに、何故か見出しでは『5ポイント』だったりする、計算ができないのかご乱心しているのか、伝統的で信頼できる筈の保守系の新聞、テレグラフより)
国民の多くが、メイ首相率いる保守党に対し反発するのも必至。


そして、西ロンドンで起きた高層住宅での大火災。
まさか高層の建築物が、外壁も内部でもろうそくのように激しく燃えるなんて。
1974年に建設されたとしても、あれだけ可燃性の高い素材を使用して、それ以後誰も安全面や耐久性に関して補強作業どころか、検査さえ全くなかったのでしょうか。


斜陽の大英帝国。
傾き過ぎて、どうなっているのかさえ、もう分からない。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト