愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

今日は総選挙、おおかたの予想は『保守党の大勝利』

謎過ぎるんですけど。
総選挙の世論調査の結果、ミステリーです。
6月3日のロンドンでのテロ事件の後に実施された、この短期間の世論調査だけでも、与党をになっている保守党と第二党の労働党の差が、開き過ぎている。
保守党の13パーセントリードから、なんと労働党の2パーセントリード。
その差、15パーセント。
選挙直前でも、こんなにも世論調査の結果に大差がでるものですか?

(ウィキペディアからスクリーンショット取ってみました)
Screenshot 2017-06-08 01.20.20



今年実施されたオランダの総選挙とか、フランスの大統領選は、分かりやすかったです。
各社の世論調査の結果はさほど大きな開きもなく、選挙結果ともかけ離れず。
英国では、2015年の総選挙、2016年のEU離脱を問う国民投票でも、世論調査の結果にばらつきがあい、しかも開票してみたら専門家も仰天の結果。
とはいえ、英国は小選挙区制。
実際の政党支持率から議席数を予測するのもまた大変。
議席数では、一社除いて保守党が過半数を取り勝利と予測。


今日6月8日、英国の総選挙が実施されます。
ま、今回こそは、多くの専門家の予測通り「保守党大勝利」なのでしょうね、きっと。
今回も外したら、もう、笑うしか無い。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

フェスはフェスでも、文学のフェスに行ってみました

先週、文学フェスティバルに行ってきました。
(Stoke Newington Literary Festivalというイベントです)
フェスティバルといっても、音楽フェスのような派手さやにぎやかさとは無縁。
あちこちの会場で、作家やジャーナリストが文学とかアートについてお話したりする、地味なフェス。
連れの大昔のお友達が、いつの間にか物書きになっていて参加するというので、どんなものかと出かけてみました。


開催前の会場。
2017-06 lit fes2

音楽フェスと違って、会場は屋内で、座ってゆっくり。
ついていけないし理解不可能の英国式ユーモアに、ちょっと笑って分かったフリして。
東洋人、私一人でしたからねー。
しかも客の数、50〜60人くらいでしょ。
気を遣って愛想笑いしてあげましたよー。
2017-06 lit fes1


連れは、出版社の人とちょっとお話したみたい。
出版社の人によると、連れの作家になった知り合いは喋りが結構上手いので、作品だけでなく喋りでも期待しているとのこと。
物書きも、書くだけでは商売が難しい時代なんですかねー。
(日本では、ゆるキャラに喋りが期待された時期もあったな、そういえば)


イベントは、一時間で終了。
スタッフの人が時間になったと強制終了させました。
これでは盛り上がらない。
音楽フェスとか、フードフェスに人が流れるのは当たり前。
でも、そういう屋外のフェス会場では、大抵トイレは稼働式のあの窮屈で異臭に満ちた、あの空間。
この会場では、普通のトイレが使える。
それだけでも、私は満足。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR