愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

ディヴィッド・ボウイがイタリア語で歌ってる。それだけでただただ感動

いや〜、やられてしまいました。
マーティン・スコセッシ監督といい、巨匠レベルの映画監督はやはりすごい、衰え知らずです。
それほど期待して鑑賞しなかったイタリアのベルナルド・ベルトルッチ監督による『孤独な天使たち』(2012年、イタリア語題 Io e te、英語題 Me and You)に、泣いてしまいました。



音楽が的を得た使い方をしていて、その点にとても感銘を受けました。
ポップ音楽とかロック系のものを数曲以上使う映画って、けっこう曲を使い過ぎて失敗してるなと感じることがあるのですが、『孤独な天使たち』ではドンピシャリです。


去年亡くなった音楽界のレジェンド、ディヴィッド・ボウイさんの名曲『スペイス・オディティ』(Space Oddity)が使われています。
映画の後半の重要な場面で、そのイタリア語版が。
『スペイス・オディティ』のイタリア語ヴァージョンが存在するなんて全く知りませんでした。
しかも、歌詞が全く違うのです。
イタリア語題はRagazzo Solo, Ragazza Sola、英語題では Lonely Boy, Lonely Girl。
タイトルが示すように、オリジナルのような宇宙飛行士の話ではなく、とても悲しい愛の歌。
主人公の気持ちや状況を、よく暗示してくれていて、泣けるのです。



エンディングからスタッフロールで、オリジナルの英語版が使われています。
こちらの使い方も、適確すぎる。
北斗神拳みたいに、秘孔ついてくる。
ここでまた、涙。



英語圏では『孤独な天使たち』はそれほど高い評価を受けていないようです。
英国のアート/文化面では一番力を入れている新聞The Guardianでは3/5という辛い評価で、よくお世話になっているRotten Tomatoes(ロッテン・トマト、映画評論家による映画レビューを一か所にまとめたウェブサイト)ではたったの68パーセント。
そうなのか〜。
批評家って、すごいな〜。
中年のオバサンが、色々こじらしてる鬱気味な14歳の少年が主人公のの成長物語に感動して、何が悪い?


同じく色々こじらしている鬱気味の十代の少年が主人公の、同じデイヴィッド・ボウイの曲("Heroes")をテーマに使った、しかも同じ年、2012年に公開されたアメリカ映画『ウォールフラワー』(The Perks of Being a Wallflower)のほうが高く評価されているのに、私はどういう訳かハマれませんでした。
私にとっての決定打は、音楽にあるんです。
音楽の使い方が『ウォールフラワー』は雑なんですよ、音楽ファンから言わせると。
ということで、リア充になれない思春期まっただなかの主人公とボウイさん括りで、サウンドトラックの観点から近々この二作品の比較したいです。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR