大英博物館は、通常営業みたいです

最近は、トップニュースも、SNSで流れてきたりリンクされているネタも、朝一番の英国人の連れとの会話も、EU離脱(Brexit)関連とか米国の新大統領絡みとかです。
よくもこんなにネタが尽きないものだと、関心するくらい。
油ギットギトの衣だらけの巨大フィッシュ&チップスと、馬鹿でかいハンバーガーと大量のフレンチフライの、ヘビーローテーションといった感じです。
(ところで、ヘビロテって、和製英語ですよね? まだ聞いたことない、このフレーズ)
こんなものを毎日大量に消費しなくてはいけないので、さすがに食傷気味。


疲れたので、今日は生まれて初めて恵方巻き作って黙々と食べました。
この数ヶ月、あーんなことやこーんなことがあって、弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂、傷口に塩を塗るようなことが起こりまくって、ブログに書こうにも怒りが大きくてまとまらないので放置状態のことばかりで、もう精神がもたない。
それもあって、ちょっとお願い事をしたいと思いまして。
具材が七つも必要。
しかし、たいしたものが冷蔵庫にありませんでした。
なんとか適当に探したのは
1 フィッシュ  冷凍の白身の魚。これに揚げたイモをつけると、フィッシュ&チップス
2 卵焼き  
3 ニンジン  細切りにして煮たもの
4 切り干し大根
5 ハム   冷蔵庫に、賞味期限が切れそうなハムが一切れあった
6 ラデッシュ   二十日大根ともいう 薄切りにしただけ
7 スプリングオニオン  青物が、何も無くて、キュウリもなかったから
こんな具材で、大丈夫なのでしょうか?
お願い事、かなうのでしょうか?





そういえば、パリのルーブル美術館でテロと思われる事件が起こりました。
警備に当たっていた兵士が発砲して、不審な男を止めたとのこと。
フランスでは、銃で武装した兵士が美術館の警備にあたっていることに、驚愕しました。
やはり、フランスは多くのテロを経験した国。
英国では、兵士は街中を警備していないと思います。
銃を持って警備にあたっている警官は、滅多にいません。


最近撮影した大英博物館。
白いテントで、荷物検査をしてから入館できます。
警官の姿さえ、ありません。
金属探知機とか、なさそうなんですけど。
ネットで調べた限り、ルーブルの件は全く影響なかったようです。
大英博物館を訪問した方々、楽しそうな写真をネットで上げて、警備の話なんて出てきませんでしたから。
2017 bm queue


どんより曇った冬。
これが、英国っぽい冬。
2017 bm front



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト