愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

『エセルとアーネスト』英国の近代史や風俗を学ぶには良いテキストでした

気を取り直して、昨日セーブを怠っていたために消えてしまったブログネタのことは忘れて、再びレイモンド・ブリックスの両親の話をもとにしたグラフィックノベル『エセルとアーネスト』の最新長編アニメーションの感想です。


レイモンド・ブリックスといいますと、『スノーマン』で有名なアーティスです。

みんな大好きスノーマン。


でも、個人的には、こっちのほうが印象深い。

『風がふくとき』、トラウマ映画の代表作です。
冷戦時代に創られた、核戦争のおそろしさを老夫婦を通して描いたものです。
オバサンになってから観たら、核兵器よりも、政府によるプロパガンダとか、為政者への絶対の信頼がどんなに危険であるかとか、無知がうむ誤解とか、そういったものにより恐怖を感じました。
(以前、ちょっとブログに書きました 高齢化社会、英国でも問題
世間的には『スノーマン』の知名度のほうが高いので、レイモンド・ブリックスというと「心温まる児童文学作家」的なイメージが強いかもしれませんが、結構この方の作品はいろいろ闇が強いと思っています。
(良質な子供向けのものは、本であれアニメであれマンガであれ、結構ブッラックですよね。手塚治虫しかり、宮崎駿しかり)


そういうわけで、『エセルとアーネスト』、期待、大でした。
ブルックスの母エセルと、父アーネストが、1920年代に出会って、結婚して、家を買って、子供を産んで、戦争になって、戦争に勝って、子供が成長して、テレビを購入したり、アポロが月面着陸をしたりするのを観て、年老いて、猫を飼って、病気になって、亡くなる、という、それだけのことです。
ただ、時代考証がきちんとできていて、細かいところまで風俗や家庭にある電気製品なども描写されていて、アーネストが聞いているラジオや新聞から、だいたいいつの時代のことかが憶測されます。
普通だと、1944年とかテロップをいれるのに、そういったもの一切無し。
エセルとアーネストの会話から、年代が分かるのです。
そして、その夫婦の会話が、とてもリアル。
会話に、ちょっとした間違い、勘違い、見解のズレとかがあって、それが独特の二人の世界をつくっています。
この会話に適度な無知さと適度な誤解と適度な偏見をふんだんに取り込んだのが、『風がふくとき』です。
アニメーターとしてのブルックスも素晴らしいのですが、ふたりの会話は自然でユーモアがあって状況をうまく説明してしまっていて、抜群の観察力と再現力だと思います。
『風がふくとき』の老夫婦も、ブルックスの両親がモデルだということなので、『エセルとアーネスト』の二人にも通じるものがあります。


ただ映画として観ると、話の中心は最初から最後までエセルとアーネストなので、心理描写とか過去の話とはほぼ出てこないので、鑑賞していくうちにいろいろな疑問が生まれて、それが消化されないまま終わってしまう感じがしてモヤモヤしたまま。
私が英国人ではないので、風俗や文化的なモヤモヤもありました。
例えば、元メイドのエセルと、牛乳配達員のアーネストという、どう考えても収入が高く無さそうなカップルが結婚当初から家を購入できたことに、もやもや。
そして、1920年代後半の高級ではないふつーの家に、水洗トイレと浴槽付きの完備されたバスルームがついていたことに、驚愕。
エセルがレイモンドを産んだとき、彼女は38歳、ということは、結婚したのは34、5歳くらい。
当時としてはかなりの晩婚で、遅い初産だったでしょう。
実は、若いときに結婚していたのかな、とか、勝手に妄想してしまうではないですか。
でも、そういうところもスルーされるのです。
それから、アーネスト側の家族が全く出てこないし、明確な説明がないこと。
レイモンドが、子供のときに窃盗で警察に捕まったエピソードも、説明無し。
深読みすべきではないのでしょうが、戦中疎開していたレイモンドはやはり孤独で親からもっと愛されたくてそんなことをしたとか、悪いと友達にそそのかされたとか、やっぱり考えてしまいます。
そして、二人が亡くなって、さすがの私も涙ぐんでいたのですが、二人と一緒に暮らしていた黒猫のスージーちゃんがその後どうなったのか、説明無し。
せめて、レイモンドとその妻がスージーちゃんを家族とした、とか追加情報くれれば安心するのに。
二人の関係の表層だけを描写しながら、その二人の仲がどれほど深いのか、そして、ふつうに愛して愛されて生きてゆくというそれだけのことがどれほど美しくそして難しいことなのか、それだけを感じればいいのかもしれません。


あと、朝鮮戦争のことも言及されています。
よく知られていませんが(英国人すらよく知っていない)、英国は朝鮮戦争に参加しています。
勝敗が決まらなかった戦争なので、ほとんどメディアで語られたり大掛かりで有名なイベントがあるわけでもないので、英国では「忘れられた近代の戦争」ではないかと思います(そのためか、ベトナム戦争には参加せず)。
それから、第二次世界大戦が終わっても、しばらく食物によっては配給制度が続いた描写がありました。
大変な時代でした、本当に(陸続きのヨーロッパ大陸にある国々に比べれば、それでも良かったですねー、と言いたくなりますが。バターが不足して配給制度だったので国民が健康的になって心臓発作が減った、とかいう話を以前聞いたことがありますが、真偽はいかに)。


英国にいて、英国人嫌いになっているので、日本に帰って英国のことが懐かしくなってから観るとまた違った感想を持つかもしれません。
(一生、英国のこと懐かしいなんて思わない可能性、大きいですけどね〜)


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

『エセルとアーネスト』鑑賞したんだけど

昨夜、長編アニメーション『エセルとアーネスト Ethel and Ernest』を観ました。
『スノーマン』などで有名な、英国の児童作家、レイモンド・ブリックスが原作の作品です。
ブリックス本人の両親をもとにした、仲の良いふつーの夫婦が、ふつーに生きて、ふつーに生活を送る、というふつーの愛の物語です。
英国人の琴線には触れるみたいですね。
でも、私にとっては余りにも英国過ぎてちょっとついていかなかったですが。



実は、セーブし忘れて、結構長いブログ書いていたのが、うちのマックが勝手にリフレッシュしてしまって吹っ飛んでしまいました。
今日は、これ以上、書く気力無しです〜。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

Last Christmas I gave my heart (to 愛猫ぷう)

去年のクリスマスの時は、次のクリスマスもぷうと一緒に過ごせるものだと信じていました。
2015 らすとくりすます


去年のクリスマスの時は、アメリカの金髪頭のヘンな髪型したヘンなおっさんが、大統領に選ばれるなんて想像できませんでした。
去年のクリスマスの時は、英国がEU離脱の選択を過半数で国民投票で選択するなんて冗談だと思っていました。
去年のクリスマスの時は、半世紀にもわたって幅広く活動している国民的アイドル、スマップが円満ではない解散をするなんて夢にも思っていませんでした。
去年のクリスマスの時は、デイヴィッド・ボウイさんが2016年早々に他界するなんて、まさか、そんなこと......


そして。
80年代のポップデュオ、『ラスト・クリスマス』などのポップソングで世界的な成功をおさめたワム!のジョージ・マイケルさん、クリスマスの日に、亡くなりました。



当時としては珍しく中国で演奏することを許されました。
そのときのビデオをもとに、タイトルは『フリーダム』。



来年のクリスマスは、どんな気持ちで迎えることになるのでしょうか?
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

クリスマスといえば、芽キャベツです

芽キャベツ、大好き。
英国で手頃に入手できる、偉大な野菜。
芽キャベツのビジュアル通り、価格もかわゆい。
帰国したとき、スーパーでちっちゃなビニール袋に数個ばかり入っている芽キャベツに298円(外税)を見かけた時は、英国に来て良かったな〜、と思いました。
(他に、英国に来て良かった覚えが無い。ハンカチとかタオルとか持ち歩かないことが普通、ってことくらいかな?)
芽キャベツは、そのまま蒸して塩かけただけでおやつとして食べちゃうし、細く切ってお好み焼きにもいてれしまいます(キャベツの美味しいのがなかなかない〜、あってもちょっと高い〜、そして新鮮じゃない〜)。
なかなか、万能なお野菜。


そして、英国のクリスマス料理には、芽キャベツが付け合せの野菜として欠かせないのです。
だから、各スーパーの野菜コーナーでは、芽キャベツだその存在感をアピールしております。


芽キャベツが500gで20ペンスだって(通常価格、1ポンドくらいかな?)。
超庶民の味方のスーパー、Asdaさん、すごおい。
ありがとお。
mekyabetu.jpg


って、思っていたら、なんと他のスーパーでは、19ペンスというニュースが。
ライバル同士でもある超々庶民の味方なのAldiさんとLidlさんが、価格競争していて、どちらも19ペンス!
行くぞ、19ペンスの芽キャベツのために。
500gの芽キャベツなんて、その気になればあっという間に食べちゃうんだから。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

73歳、ミック・ジャガー、父になる(八度目)

英国のロックバンド、ローリング・ストーンズのヴォーカリスト、日本ではタラコ唇の愛称で有名なミック・ジャガーさんが先日八人目の子供を授かったというニュースが入ってきました。
73歳にして。
お相手は、29歳。
ドナルド・トランプの家系図がマトモに見えるほど、いろいろな女性とつき合っては何人かは子供をもうけ、古希をこえても二十代女性とお付き合いしてしまうお元気な様子には、羨ましいやら、面倒くさいやら、うっとおしいやら。


ミックの若いとき。



うちの英国人の連れは、もちろんロックファンで、そういった時代に生きておりました。
今でも、ロックミュージックやら何やら、たしなんでます。
男女の差もあるのでしょうが、連れはロックミュージシャンやらアーティスト系の方のスキャンダルというか、どーしようもないダメ男エピソードとか、節操のない単なるアホな逸話などに対して、寛大です。
時代とかキャラにもよるけど、あんまりいきすぎたエピソードに対しては、私は消化不良おこすタイプです。
それか、アートとそれを創った人間は切り離す。
それか、(特に現存する)アーティストに関しては、プライベートの情報はあまりいれないようにする。
それでも、結構難しいですけど。


連れは、ミックの73歳にして29歳の女性と子供をもうけたニュースに関して、ふつうに「すげーな」くらいの反応しかしていなかったので、聞いてみました。
もし、自分の娘がいるとして、ミック・ジャガーの子供生んだら、嬉しい? と。
憧れのミックが義理の家族になるのだったら大喜びするのかと思いきや、
「それはダメ」と、素早い返事。
20代で70代の子供産むとか、相手が大金持ちで尊敬するミュージシャンとしても、家族としてはやはり受け付けないようでした。


音楽が好き過ぎて、音楽に関することとなると時々大バカになってしまってついていけない言動があるので、あまり信用できない連れ。
よかった、多少はふつーの感覚をもっているのですね。


ところで、唇以外では健康マニアとして知られているミック・ジャガーさん。
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスを卒業しているインテリでもあるので、知能指数も高いと推察できるので長生きすると思います(知能指数が高いほうが長生きするというデータがあるようなので)。
それに、ミックのお父様、97歳でお亡くなりになったとか(お母様は87歳、遺伝も長寿には大きく影響するみたいだから)。
余裕で100歳越えそうなので、八人目のお子様のお子様も、ミックは抱っこできそうです。
(あと2、3人くらい子供もいけそうです)



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

目立ちたいハトさんとロンドンアイ

年末なので、すっかり忘れていたり面倒だったのでブログに上げていなかったネタのお掃除を。



人間にもいろいろな人間がいます。
例えば、ビジネスや趣味の全く絡んでいないブログでもプライバシー全開で「見てー! オシャレでトレンディーでセレブでグルメでファッションもわかっちゃう愛されキャラの私を見てー!」とばかりに自己愛の塊のような目立ちがり屋さんいる一方、洗練されたインテリにもかかわらず気取らず気さくなグログをしている方もいます。
夏頃に、テムズ川で出会ったハトさんは、あきらかに前者のようでした。


テムズ川の観覧車、ロンドンアイの対岸に、居座るハトさん。
人間を怖がることも無く、川を背に堂々とした面持ちで観光客やテムズ川の散歩人を見回していました。
ドヤ顔で。
「あなた観光客? ロンドンアイの写真撮るんでしょ。だったら、私のことをも入れて撮ってもいいのよ」
と、語りかけられているような気が。
目立ちたいのよ、見つめられたいのよ、というオーラを感じてしまいました。
撮らないと失礼な気がしたので、カシャリ。
カシャカシャカシャ。


ハトさん、逃げない、飛ばない。
ポーズを決めてくれました。
ハトにも、いろんなハトがいるんですね。

2016 はと&lI


2016 はとさん


今朝、コンタクトレンズ、なくしました。
一ヶ月くらい前に、なくしたばかりなのに。
そのときは、二日後に出てきて、ビックリしました。
ぷうが守ってくれたんだ、ありがとう、とぷうに感謝しました。
だから、なんとなくコンタクトレンズがなくなる予感がしていたので、今回はそれほどパニックに陥りませんでした。
とりあえず、応急処置として以前使っていたレンズをまた着用。
最近、いろいろ運がない。
ホントに、運が悪いことが起こりまくり。
こういうとき(いや、どういう時でも)、ぷうがいてくれれば、ってすぐに思ってしまいます。
あちらの世界で楽しく幸せな生活を送っているぷうに対して、申しわけないけど。
しっかりしなくちゃいけないって、分かっているんだけど、ごめんね。
なんとか、頑張るね。
笑う門には、福来るのよ〜。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

大英博物館の手荷物検査はスタッフによって対応が全然違う〜英国だもん、そうだよね

大英博物館の入館前の手荷物検査は、やっぱりスタッフによって対応が違うみたいです。
九月の訪問の時は、メンドウくさくて気持ち悪いスタッフに当たってしまいましたが、何も言われずに今回はバッグの中をちょっとだけ見られただけ。
前回千葉県浦安市にあるディズニーリゾートを訪問したときの手荷物検査みたいな感じでしたね。
大英博物館の手荷物検査のスタッフには、千葉のディズニーさんのスタッフの丁寧さと行儀のよさはほぼありませんが。
スタッフによって言うことやることが全然違うということが、日常茶飯事の英国では、こんなものですよね〜。
マニュアルってものを学習できないのか、作ってもその通りに動いてくれない人が多いので仕方ないから作らないのか、そもそもマニュアルなんか作ろうって気持ちがこれっぽちもないのか、なんなのでしょう?
3年くらい前の連れの話ですが、スーパーで割引商品をセルフレジがバーコードを読めないらしく、スタッフを呼んだもののバーコードの打ち込みが面倒だったらしく、そのままタダでお持ち帰りさせてくれたそうです(ま、1ポンドもしない品だったから)。
きちんとしていないスタッフが多くてイライラしたり損したりすることばかりで英国生活は大変ですが、たまには得になることもあるようです。


素っ頓狂なお顔。
2016 bm121

横から。
2016 bm122

後ろから。
2016 bm123

ついでに、お尻から。
2016bm124.jpg


18世紀のハワイ産。
AWA(アヴァ)という、宗教や社会的な儀式で用いられる飲み物専用の器のようです。
2016 bm125



最近またちょっと落ち込み気味です。
もともとあった更年期っぽい症状に、連れの仕事がどうにもならないくらい訳分かんない状態になってしまっていてお先真っ暗で(やっぱり日本はかつて中華帝国とか言っちゃうような無知丸出しのエラそうな方に金出してもらったのが全て間違いなのよ〜、連れは本当に人を見る目がない、過去もそんなことばっかり)、それに加えて『にゃんこさんもふもふ禁断症状』に苦しんでます。


とりあえず、きな粉入りココアでも飲んで、ふーって深呼吸して、あたたかくしてゆっくり寝ます〜。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR