愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

NHSは、ちょっとした理由があれば患者をさっさと登録から外すみたいです

先日、私の英国人の連れがGP(かかりつけの医者、といっても数人の医者がGPクリニックに働いていて同じ人になかなか会えない。こっちの医者はよく休暇取るし、勤め先もよく変わるので)に行ったことをネタに書きました。
何故連れが新年早々GPに行かなくてはならなかったのかというと、勝手に登録を外されていたからです。


新年明けに、いつも処方箋をもらっている薬の一種がなくなってしまったので行きつけの薬局に連れは行きました。
ところが、薬局がまだ休暇中で開いていなかったのでGPクリニックのほうに行ってたら、受付のスタッフに「あなたはうちに登録していないから、再登録して」と言われたそうです。


ずーっと薬はもらっているのに。
成人病かかえているのに。
英国で生まれて英国で育って英国を離れたこと無いのに。
一応過去の病歴など個人情報は残っているのに。
なぜ、いきなり、登録を外すんでしょうか?????


連れに聞いたあちらの受付のスタッフの言い分だと、血液検査をしてくれとか予約を取ってくれとか手紙を出したのに、連絡がなかったからだそうです。
NHSからのお知らせの手紙に差出人が書いていないので、ダイレクトメールか何かかと思い、ついうっかり開封しないでいたのがどうも問題だったようです。


とはいえ、五種類の薬の処方箋は貰っていたのでしょっちゅう薬局には行ってました。
開封していない手紙を調べてみても、登録を外すというお知らせの手紙はありません。
「最近GPクリニックや病院へ訪問や連絡していないようですが、何か事情があるのでしょうか。電話でも何でもいいですから、ご一報ください」
登録外すのなら、こんな感じの手紙くらい送ってからにすべきでしょ。
もし患者さんが連絡してこない理由が、認知症や鬱病によるものだったらどうするのですか。
(早期認知症ってこともあるんだから)
一人で暮らしで家族も親しい友人もいない方も、ロンドンにけっこういると聞きます。
そういう方が病気になって、GPに来られないでいる可能性もあるでしょう。
いちおう、国民健康サービスなんだから。
患者の心配もせずに勝手に登録外すということは、いかがなものかと思います。


そういうわけで、連れは再登録しなくてはならなくなりました。
身分証明書を提示したり、書類に記入したり。
スタッフの仕事が増えるだけだと思います。
一部の外国人や移民が、こちらの健康サービスを悪用しているための対処かもしれませんが、英国で生まれて育ってどこからどうみても英国人な人に対してすることではないでしょう。
(ポーランド人の女性からきいた話ですが、EU諸国の国民には無料で医療をほどこしているので中絶するために英国に来るポーランド女性がけっこういるそうです。ポーランドの医療サービスはまだまだ問題が多いようです。
そういえば、最近は豊かになっているはずのブラジルでも医療や福祉サービスはまだ未熟で、高齢者が認知症や病気になっても国は面倒をみてくれないと言ってました。
そういった新興国と比較すれば英国のNHSは素晴らしいのかも知れませんが、日本人にとってNHSは恐怖と不安の対象であることに気付いて欲しいです)


これからは、連れ宛に着た手紙は全部勝手に開けてもいいという許可を連れから貰いました。
また登録外されたら、面倒だから。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

血圧あがるの当然ですけど

二週間前のことになりますが、英国人の連れはGP(かかりつけの医者/クリニック)の予約を取っていました。
朝の9時半くらいです。
当日の朝、英国ではデビッド・ボウイ(ホントはディヴィッド・ボウイと綴りたいんですけど、普通はDavidは日本語でデビッドとすることが多いのでこれでいいか)が亡くなったというニュースが入ってきたところでした。
おかげで連れに叩き起こされました、もうちょっと寝たかったのに〜。
半泣きで訃報を聞いて、テレビのチャンネルやネットをあちこち観たりしてからの、GP訪問。
驚く必要はありませんが、連れの血圧、更にあがっていたそうです。
「デビッド・ボウイが亡くなったショックのせいかな」
と、音楽マニアの連れは言ったそうですが若い英国人女性の医者は完璧に無視。
そして、医者は今飲んでいる血圧を下げる薬を倍飲むようにすすめました。
うちの連れは、そういうところはとっても『良い子』なので、それ以来薬を倍飲んでいるそうです。


でも、そんなに簡単に薬の量って変えちゃっていいの?


典型的な英国人なので、自分のことを数字で表現することがほとんど出来ない連れなので(成人病もちメタボなのに自分の体重知らない、血圧知らない、血糖値知らない)、どのくらい血圧が上がったのかまったくもって分かりません。
一度だけしか血圧を測らず(測り直しもできたでしょ)、世間はデビッド・ボウイの訃報にうちひしがれている時に、薬の処方を変えるって、正しいでしょうか。


血圧測定器、買った方がいいかも。
こっちの医者も信じられないけれど、医者まかせで自分の体や健康について無関心の連れも信じられない。
医者とか専門家っていうのは、ちょっとは疑ってかかっていいと思うんですけどね〜。
日本のテレビ番組でも家庭で血圧を測ることを勧めていましたし。
血圧ってものは様々な事情によって変わるのだから、それを考慮しない医者ってものはヤブも同然かと思いました。


ソファに座ってテレビを観ていた連れが、めまいを訴えました。
なかなか治らずに、ベッドに行くために立ち上がるとふらついていました。
降圧剤のとりすぎで血圧が下がりすぎた時の症状にも似ています(ネット調べによると)。
(でも糖尿とかいろいろ抱えているからなんとも言えないんだけど〜。
ただすぐに薬を増やすって医者は、信じられないよね〜)
なんとかGPに行かせてもう一度血圧を測ってもらったほうがいいかも知れません。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

英国に『国民的アイドル』は存在しない

私も追いました、スマップ関連ニュース。
安倍首相が言及したりツイッターのサーバーをダウンさせる等改めてスマップの影響力の大きさを知りました。
ドラマも滅多に観ない、コンサートも行ったこともない、アルバムも買わない、でも彼らのバラエティー番組『SMAPXSMAP』は90年代よく観ていました。
『SMAPXSMAP』は当時は本当に人気番組で、十代の男の子も中年男性も楽しんで観ていた記憶があります。
本当に、『国民的』アイドル。
子供と少女向けで期限がきたら『使い捨て』だったアイドルの概念と価値を、根底から変えてしまったグループです。
(基本、お笑い関係ばっかりなんです、テレビで観るのは。テレビドラマは一生懸命観ていても最後が盛り上がらなかったりあまりにも能天気な終わり方で「私の10週間を返せ〜」と言いたくなるものが多いので、社会現象になるほどの人気がでたドラマだけ観ることにしています。音楽は洋楽ばっかりだから聴かない。でも『夜空のムコウ』好き。歌詞が日本語のみか英語のみかはっきりしているのが好き。いきなりサビの部分で不自然な英語がはいってくるのについていけない〜)


25年間、アイドルとしてアルバムをリリースし続けてコンサートをやり続けて、各々が映画やドラマやテレビの司会や舞台など活動の場をひろめてそこでも成功して、子供からお年寄り、男性にも女性にも幅広く支持されている(しかも料理もしちゃう)。
この『偉業』って南極点に初めて到達したとか、それに匹敵するくらいの前人未到の功績だと思うのです。
だって、そんな『アイドル』グループ、他の国にいますか?
少なくても、英国にはスマップを説明するときに引き合いに出せるようなアイドルグループは存在しません。


ポップ音楽やアイドルに関して詳しくありませんが、(男性)アイドル業界と英国(と隣国アイルランド)のアイドル業界の違いを書き出してみることにしました。


(1)アイドルが所属する芸能事務所がない
英国では、ミュージシャンはレコード会社と契約するのみです。
日本だったら有名な芸能事務所の名前は一般人にもよく知られていますが、私は聞いたことがありません。
『マネージャー』がオーデションをしたりミュージシャンを集めてアイドルグループを作ってレコード会社に売り出したりすることが多いようです。


(2)マーケットが大き過ぎる
運良くレコード会社と契約して成功すると、英国のみならず他のヨーロッパ諸国でも成功できます。
英国やアイルランドのテレビ番組やインタヴュー、更に二十カ国以上でプロモーションやツアーをするのはかなりの仕事量。
更に運がいいとアメリカ、南米、アジアなどのでも成功。
ツアーだけでも大変な日数と労力が必要で、自国や周辺国だけで活躍しているというわけにはいきません。


(3)歌以外の仕事は、ほぼ無理
成功しているアイドルグループは、世界中飛び回っていることになるのでテレビ番組のレギュラー出演、ドラマや映画などの俳優業の兼業はほぼ不可能。
スマップの解散騒動で日本が大変なことになっていると英国人の連れに言ったら「解散すると仕事なくなるんじゃないの?」ときかれました。
コメディーから司会、俳優業も映画から舞台までこなしている日本のトップレベルのアイドルにその心配はありませんが、こちらのアイドルグループは基本は歌のみです。
元アイドルがミュージカルや俳優に転向できる確率は、日本以上に低いのではないでしょうか。


(4)男性アイドルグループ = ゲイ?
アイドルグループのメンバーに限らず、そのマネージャーも何故かよく『ゲイ』疑惑がつきまといます。
っていうか、英国は基本的に肉食系の社会なので彼女がいないとか結婚していないとそれだけで『ゲイ』と勝手に勘違いされかねません。
アイドルグループに限らず芸能関係者は特にこのレッテルを貼られやすく、1967年まで同性愛者は犯罪で実際に投獄されていた英国では今でも『反同性愛』的な間違った考えを持っている人がゴロゴロいます。
ゲイの人を殴ったり殺害予告を送ったりするような、そんな一面が英国にはまだあります。
そのせいか、こちらのアイドルは恋愛関係に関してはオープンです。
恋愛禁止とか、プライベートなことを公の場では喋らないとか、「誰のものでもないアイドル」として売り出すのはまずありません。


(5)25年のキャリアとかあり得ない
アイドルの賞味期限は、短いです、以前の日本のアイドル業界がそうであったように。
90年代のアイドルグループ、Take Thatも一度解散して、中年になってから再結成。
ただし、このグループの場合中心人物が曲も書いているという、ちょっと異色のアイドルグループでもあります。
四半世紀にもわたって継続してトップを走り続ける、というのは並大抵のことではできるものではないと思います。



日本の芸能やエンターテイメントは、過剰なまでに素晴らしいサービスを提供してくれていると思います。
英国に来た日本人は、たいていこちらのテレビ番組はつまらないと感じます。
長期滞在でネイティヴ並みの英語力を有する方でもそういうことを聞くので、文化の違いや語学力の問題だけではないと思います。
(逆を言えば、日本に来た多くの外国人は日本のお笑いやアニメで日本語を学んで楽しんでいるみたいですから、日本のテレビは面白いのだと思います)
そんなサービスをして老若男女を楽しませてくれるということは、芸能人はいろいろ大変なのだろうなとしみじみ思いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

猫がいないと英国生活はキツい

昨年は一応『抱負』なるものを掲げてみました。
案の定、たいてい、実現できませんでした。
ちょっとは体重は減らしたけどまだまだ脂肪いっぱいだし、ジョギングは苦労したし、コンピューターのコースに通って新しい技術を身につけたけど今のところそれはまだ活躍の場がないし(連れの仕事に役立つはずなんだけど、ちょっといろいろありまして。いつかこの技術は絶対使える筈なので良しとしてます)、子離れならぬ猫離れはしているつもりでいるけど愛猫ぷうが親離れしてくれないし(苦)、なんていい加減。


いい訳すると、あれですね、オバサン化。
女性ホルモンが一気に減った感じ。
疲れやすい、筋力が落ちている、気力がない(←これは元々)。
食事や生活習慣を変えて対応していくしかないので、無理しないでいこう、と思ってます(単にいい加減なのよ〜)。


とりあえず、ジョギングはしています。
が、月50〜70キロくらいしか走ってません。
今年中、一度でいいから月100キロ越えたいです。
夏より冬のほうが走りやすくて気持ちいいですから、今のうち頑張らなくては。


とりあえず、去年3キロくらい体重は落ちました。
今は食べたいだけ食べている生活ですが、なんとか落ちた分はキープしてます。
でも、まだまだ落とさないと。
せめて3キロ。
再び着たい10年前の服は、まだ捨てずにしまっています。
去年糖尿病診断を受けた連れがようやくダイエットに前向きになっているので、よい影響を受けるといいのです。
家中に、チョコレートとかアップルパイとかパウンドケーキとか甘いものが常に溢れている生活、なんとかしたいです。
(ケーキとか焼いちゃう私も原因)


食生活の見直しが必要ですね。
野菜と発酵食品と豆類を、たくさん摂取できるように。
あと、もうちょっと『クリエイティヴ』な生活を送りたいです〜。
もっと新しいレシピに挑戦したり、絵描いたり、いろいろ作ってみたいです、この手で。
あと、家のなかをもうちょっときれいにしてオシャレにする。
(今年はもしかするととんでもない来客あるかも〜。だから心して)
あと、やっぱり、猫離れ。

はなとけ

以前は、
・ぷうがいないと、寝付けない。
・ぷうがいないと、悪夢をみる。
・ぷうがいないと、起きられない。

最近は、そうでもなくなってきました。
でも、やっぱりぷうがいないと私はこの国で生きていけませんっ。





にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

申し訳ありません、ネタバレしてました

前回のブログ記事、スネイプ先生(英国人俳優のアラン・リックマンさん)も旅立ってしまいましたを書き直しました。
不覚にもネタバレをしてしまっておりました。
申し訳ありませんでした。


平和だな〜

ぷうは今年も元気です。
食欲はありすぎるくらいあります。

世間ではいろいろなことがおこっていますが、ぷうは相変わらず寝たり食べたりの平和な日々を送っています。


2016 て


2016 て2


2016 て3


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

スネイプ先生(英国人俳優のアラン・リックマンさん)も旅立ってしまいました

ロンドン西部出身の俳優、アラン・リックマンさんがこの一月十四日にガンで亡くなりました。
69歳でした。
ハリウッド映画では『ダイ・ハード』や『ハリーポッター・シリーズ』のセブルス・スネイプ役など、主に悪役を好演した俳優です。
悪役、といってもスネイプ先生はちょっと違いますけどね。
『ハリーポッター・シリーズ』はスネイプ先生の存在が大きいです。
影の主役、といった感じ。


Youtubeで見つけたモノです。ニコニコ動画からの転作とか。
(ネタバレ注意)




先日亡くなったロンドン南部出身のアーティストのデイヴィッド・ボウイさんも69歳でガンで亡くなりました。



スマップが大変なことになっているし(90年代、テレビ番組のSMAP×SMAP大好きでよく観てた) 、テロや国際情勢や経済問題やアメリカの大統領選レースだけではく、今年は本当に激動の年になりそう。


まだ、2016年1月15日。
信じられない。
やっと二週間。
それなのに、既にこんなに沢山のことがあったの?


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ありがとう、デビッド・ボウイ

おなじみの名曲。

David Bowie- Space Oddity Original Video (1969)




大島渚監督の名作、『戦場のメリークリスマス』
はじめて観た時は、この映画がよく分かりませんでした。
大人になってから観たら、分からなかったことがよく分かりました。
私がはじめてボウイさんを知ったのはこの戦メリの映画なので、そのあと洋楽にはまって彼の音楽を聴くようになってもやはりこのイメージが強いです。

Merry Christmas, Mr. Lawrence (1983) / David Bowie versus Ryuichi Sakamoto




ボウイさんの最新作より
David Bowie - Blackstar




ありがとう。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

積極的にひきこもってました

クリスマスホリデー、結局日本語でいうところの『寝正月』で終わりました。
必要最低限、予定がない限り、どうしてもしなくちゃいけないことが無い限り、うちに頑張って元気に積極的にひきこもってました。
もともとサブカル系インドア派(?)なもので。
だって、テレビ買ったのが、嬉しかったんだもん(→清水の舞台から飛び降りるような気持ちで、Argosでお買い物)。
想像以上に新しいテレビが気に入ってしまい、いままで小さいテレビかコンピューターのスクリーンで観ていた映画がもっと楽しく深く鑑賞できました。
ホリデー時期だったので各局が名作や最新作も放映してくれたので、ホントにヘブン状態でした〜。
映画一日三作観たこともありました。


こちらでは、21世紀になった今でも時々1939年製作のミュージカル映画『オズの魔法使い』を放映しています。
アメリカの児童文学作家、ライマン・フランク・ボームの代表作として有名な1900年に発表された『オズの魔法使い』が原作の、あの名作映画です。
そういった映画がある、という知識はなんとなくあったものの、アニメ黄金期に育った私は児童向けハリウッド映画に触れる機会はほとんどなく、『オズの魔法使い』を観たのは英国に来てからです。
テレビで放映していたので、なんとなく観たら、そのクォリティーの高さに度肝を抜きました。


IMAX 3Dでリリースされた時のトレイラーのようです。
再上映が出来るほどの高い人気と評判って、すごい。
戦前に作られた76年前の映画で、これですよ〜
コンピューターグラフィックスとかナシで、このファンタジー感とマジカルな世界感。



聞いた話(多分どっかのネットサイトかうちの連れの雑学が出典)ですと、『オズの魔法使い』はディズニーが映画製作したかったそうです。
2013年、ディズニーは積年の鬱憤を晴らすかのように『死霊のはらわた』や『スパイダーマン』シリーズで指揮をとったサム・ライミ監督を迎えオズの若き日を描いた『オズ はじまりの戦い』を公開。
(ティム・バートンに頼んだらどうなっていたことやら。ヘレナ・ボナム=カーターが出演すること間違いなしだっただろうなあ。ジョニー・ディップにはサム・ライミから声がかかっていたそうですが、他のディズニー映画の『ローン・レンジャー』製作のため断ったそうです。ティム・バートンだったらスケジュール変更して周囲にケンカ売ってもジョニー・ディップをオズ役に抜擢したのかなあ)



クリスマス・ホリデー中にテレビで放映していたので、『オズ はじまりの戦い』も観ることができました。
『オズ はじまりの戦い』を以前観た時は(飛行機の中だったかな?)それなりに面白くて楽しめたのですが(しかも、結構大人向けの気がしますが)、やはり1939年のオリジナル『オズの魔法使い』のピュアでイノセントなマジカルワールには、かなわないよう、やっぱり。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

こっちのクリスマスにはまだまだ慣れません

英国に10年以上住んでいますが、いまだにクリスマスから新年にかけてコチラの習慣についていけません。
まず、クリスマスツリーを飾っている時期が長いのです。
クリスマスが終わってからもずっと飾っています。
大晦日もクリスマスツリーと共に過ごし、新年もクリスマスツリーと共に明けます。
こちらでは新年は花火を打ち上げたり泥酔したりする、単に大騒ぎできて酒をいっぱい飲むイベントに過ぎないので、新年明けたら一月二日からあっという間に通常に戻ります。
今年は、一月二日が土曜日、三日が日曜日だったので、すぐに素に戻らないですんだのでちょっと安心ゆっくりできました。


私の印象では、日本ではクリスマスは二十四日のクリスマスイヴにケーキと鶏のもも肉骨付きを食べて、クリスマスの十二月二十五日にはお店は年末年始の最後の追い込みで大忙しでクリスマスツリーはとっとと片付けて門松など和風に全部模様替え、大晦日は蕎麦食べて除夜の鐘聞いて厳かに迎えて、新年あけましておめでとうございます、そして三日間は買い物に燃えるか親戚巡りで面倒くさい思いをするか寝正月、で通常に戻る、だと思うのです。
(日本ではクリスマスはイヴに祝うものだという謎の風潮は、一日でも早くクリスマス的なものをとっとと終わらせて年末と正月商戦に備えたいお店側の戦略なのでしょうか)
その感覚がいまだに抜けきらないのか、大晦日も正月も関係なくクリスマスツリーがある風景というのは、なんとなく滑稽で、違和感があって、どうしても慣れることができません。


ロンドン近郊で生まれ育った英国人の連れによりますと、クリスマスツリーはクリスマスのあと12日後には片付けないとbad luckということです。
逆に言いますと、一月五日までにはツリーは生活の一部ってこと。
私は気分的にすっきりして新年に向かい合いたかったので、昨日のうちのとっととツリーをしまってしまいました。
ホントは、せめて大晦日の前にはこんなもの片付けたいんですけどね〜。


やはり、きちんとした正月をやらないというのは、私のなかでは結構な不満とストレスになっているのかも。
とりあえず、あと11ヶ月はクリスマスツリーを飾り付けなくていいと思うと、なんとなくほっとします。
(単にツリーが邪魔なだけかも?)


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

2016年。いい年になーれ。

あけましておめでとうございます。

あけまして

元気いっぱいもふもふな年になりますように。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR