FC2ブログ

ハロウィンなので、カボチャ

カボチャ系の食べ物には、バターナッツスクワッシュくらいしか関心のない英国人。(しかも、その関心は食や健康に関心の高い人だけで、たいていの英国人はそんなにバターナッツスクワッシュを食べない。というか、野菜全般に関心が極度に薄い)


でも、ハロウィンの前だけスーパーマーケットのカボチャ系食べ物のストックが格段によくなります。
そうです、ハロウィンだもん。
大人でもハロウィンパーティとかする人達もいるようです。(こっちのパーティは食事は殆どナシで飲みまくりが定番)
パブもハロウィンナイトとか企画して客寄せするところも。
この国では、なんでもかんでも酒飲みの理由になります。


飲むことより食べることが好きなの私は、今年は一人でカボチャ祭りです。
(飲めない人にとって、英国で英国人とつき合うことは結構冗談抜きにきついことあります。運良く英国人の連れは珍しく酒があまり好きではないので、楽です)
ジャックオーランタンのために農家のかたが頑張って育てて下さったパンプキン、私はくり抜かないでそのまま頂きます。
2013-10-26 kabocha
この3日で半分食べました。(約20センチの大きさ。けっこう食べた)


やっぱり味な〜い。
スープとかシチューなら、煮込んでしまうのでそんなに問題ないです。
オーブンでローストパンプキンにしても、それぼどおいしくないです。
たいていの野菜類は、ローストすると甘みが増しておいしいんですけどね。



で、こちらの野菜売り場よりお花屋さんで飾り用に売っているほうが似合う小ぶりのカボチャにも初挑戦(しかもたったの1ポンド)。
2013-10-26 kabocha2


どう見たって硬派なカボチャ。
見かけによらず、以外にも糖分高め。
びっくりしました。
特に、ローストすると水分が抜けて身がぎゅっとしまった感じで、サツマイモ超えの甘さ。
怪しいズッキーニ(?)みたいな味を期待していたのに、甘い。おいしい。殆どお菓子。これでモンブラン作ったらおいしいだろうな、という、そんな感じの味。
凄くクセになります。


ゆくゆくは、日本に戻って認知症予防と足腰強化のために野菜作りをしたいと思ってます。
(英国の国民健康サービスことNHSには、ご厄介になりたくない。なりたくないから、日本に行く)
そのときは是非、このカボチャ( harlequin squashというのだそうです)育ててみたいです。




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト