ヨガマット

ヨガの練習に励むぷう。


2013-01-28 ヨガマット



「やだ、見られちゃった」
2013-01-28 ヨガマット2




スポンサーサイト

サーディンの和風スパゲティ

節約食材といえば、もちろん、粉もの。
粉もの系の代表といえば、パスタ。
有り難いことに、パスタ類は、結構お手頃価格。ペンネとかは500グラム入り、1ポンドなくて買えます。一番安いスパゲッティは、時期やスーパーマーケットにもよるけど、24〜40ペンス(100ペンス=1ポンド、1ポンドは今約143円)。今日は、これを使って、和風スパゲティを作ります。サーディンの缶詰めといっしょに。


サーディンは、50ペンスくらいで入手可能ですが、更にもうちょっと安いスーパーマーケットのブランドなら34ペンスという、とんでもなく可愛らしい値段で買えます。ただし、オイル入りではなく、トマトソース入りですが。トマトには、アンチエイジングの効果もあるので、私はこのまま醤油とあわせて, ご飯と一緒に食べることもあります。サーディンは、格安で摂取できるタンパク質です。素晴らしい!



缶詰開けるとこんな感じ
2013-01-25 とまさーでn


材料(1人前)

タマネギ、1/2個、
人参、小1/2個、
にんげんまめ、ピーマン、パプリカなど、緑色の野菜、適量

にんにく 1、2かけ
オリーブオイル
しょうゆ、
和風だし(お好みで)

スパゲティ 80〜100グラム

34ペンスのトマトソース入りサーディンの缶詰、半分で十分。




作り方
1、スパゲティはゆでておきます。

2、野菜は細切りにして、電子レンジで調理しておきます(イギリスでもガスのほうが電気より高いので、レンジを使ったほうが安上がりです)。

3、にんにくを細かく切って、フライパンでオリーブオイルで炒めます。

4、フライパンに野菜、そしてゆでたスパゲティを入れて、軽く混ぜます。

5、サーディンをいれて、最後にしょうゆで味付けをします。物足りないときは、ちょっと和風だしを。

6、お好みで、のり、かつおぶし、ごまなどをトッピング。



できあがり!
2013-01-18 さーでんぱすた




バッターナッツスクワッシュスープ

健康的な食生活を推進するワークショップ、第2回目の報告です。

今回は、参加者達が、ナイフをもち、レシピにそって調理しました。
メニューは、以下のとおり。




ボウルが足りなくて、調理用のボウルが使われた、準備の悪い講習会場。笑っちゃいました。
2013-01-23 いーてんぐ1



ウィンタースロー、チーズ、スクワッシュとタイムのスコーン、そしてスパイス入りバッターナッツスクワッシュスープ
2013-01-23 いーてんぐ2



Winter Slaw
ウィンタースローは、その名前の示す通り、コールスローの冬バージョン。キャベツ、紫キャベツ、たまねぎ、人参などを細く切って、フライパンで油で炒めて、少量の砂糖とワインヴィネガーで味つけします。レーズンやパインナッツなどと混ぜ合わせ、オーブンでローストして下さい。

オーブンでローストしなくても、たいして変わらない気もしますが、そうしないと、単なるしょっぱくない冬野菜炒めっぽい気もしますが。



Cheese, Squash and Thyme Scones
チーズ、スクワッシュとタイムのスコーン。スクワッシュとは、カボチャ系全体を意味します。ちなみに、日本のほくほくの甘いカボチャは、英国ではあまり売られていません。ヘルシーレシピなので、全粒分を使い、塩も入ってません。

こちらがバッターナッツスクワッシュ。甘みは殆どありません。
2013-01-27 バタナッツ

角度を変えて
2013-01-27 バタナッツ2





Spiced Butternut Squash Soup
スパイス入りバッターナッツスクワッシュスープ。
日本のカボチャスープとは、まったく別物です。ショウガ入りなので、冷え性によさそうです。
もらったレシピに紹介されていた食材はこちら。8人前なので、量はかなり多めです。


2013-01-27 食材


人参、セロリ、たまねぎ、バッターナッツスクワッシュ。
スパイスが、すごい! おろしたショウガ、クミンの粉末、コリアンダーの粉末、チリの粉末、黒こしょう、ローリエなど。これに、スープストックとココナツミルクがはいります。






早速、自宅で作ってみたのですが、スパイス慣れしていないせいか、ちょっと味付けに苦労しました。ココナツミルクのかわりに豆乳で応用してみたんですが、なんとなく、合わない。仕方なくちょっとココナツミルクをいれて、それっぽい味になりました。



パプリカをちょっとトッピング。
2013-01-27 スープ


やっぱり、普通のカボチャスープのほうがいいかなあ。
でも、ショウガスープという点からみると、これはかなり優れたレシピですよね。体、とっても暖まりました。




しっぽ

こんなシッポ、ちょっと羨ましい。


2013-01-28 しっぽ



英国風正統派のびんぼー食

イギリス人の大好物といったら、ベイクドビーンズ。あのMr.ビーンも、海外旅行に行くときに、ベイクドビーンズの缶詰をスーツケースに最初に詰め込んでいたほどの必需品。


Mr.ビーンは、ハインツ社のベイクドビーンズがお気に入り。と、いうより、今でもビーンズはハインツが一番いい、とイギリス人は信じている。

ベイクドビーンズの重要性をMr.ビーンから学ぼう!




豆をトマトソースで煮た簡易食品で、家庭で作ることは殆どなく、缶詰になっているのを買ってくる。これなら、菜食主義の人も食べられるし、植物性タンパク質も摂取できる。海外旅行者の多いホテルやベッドアンドブレックファースト(比較的安いホテル、民宿みたいなもの)で、朝提供される伝統的なイングリッシュブレックファーストには、ベーコン、ソーセージ、目玉焼き、トマトが主流だ。でも、一般のイギリス人が行くカフェでは、イングリッシュブレックファーストは必ずのようにベークドビーンズがついてくる。




このベイクドビーンズは、スーパーマーケットの一番安いブランド。これで28ペンス。高いものでも70ペンスくらいかな。1ポンドは超えないと思う。
(1ポンド=100ペンス、最近の為替レートで1ポンド=143〜144円)
2013-01-27 beans





そのビーンズを薄切りトーストの上に乗せただけのものを、ビーンズオントーストという。この手頃さと、ビーンズの安さで、ビーンズオントーストは学生の食事とさえ言われる。カフェでも出してくれるし、家でも朝食にまたブランチに、老若男女問わず愛されている英国を代表とする節約メニュー。


和食系が好きだけど、たまにはこんな朝ご飯もありだよね。


2013-01-26 beans on toast2




作り方

1、ベイクドビーンズは、鍋であたためておく。

2、食パンはお好みの焼き加減でトーストしておく。

3、食パンにバター、あるいはマーガリンをぬっておく。

4、お皿に食パンをのせ、温めておいたビーンズをかける。




ポイント  〜こうすると、とてもイギリス人的な食べ方〜

パンはかりかりに茶色にまるまで焼いて、バターは周囲の人は呆れてものが言えなくなるほどたーっぷりどばーっとぬりまくって下さい。メタボなんて気にしてはいけません。ここはイギリス、世界三番目の肥満の国です! 










不思議なカツカレー

スーパーマーケットに買い物に行ったら、こんなものを見つけてしまいました。電子レンジでケースのまま温められるそうです。

2013-01-26 カツカレー2



Tasty Katsu Chicken Curry, と書かれています。おいしいカツのチキンカレー、ってことですか。チキンかつカレー、という意味じゃないんですか? 最近はカツカレーなんてレシピが英語のサイトで紹介されてますからね。一部のイギリス人とかシェフにとって、日本食っておしゃれみたいですからね。なんなんでしょうかねえ。よく見てみましょ。


2013-01-26 カツカレー


マリネされた英国産の鶏肉と、ほうれん草とヤングコーン入りのクリーミーなココナツカレー、& もちもちしたジャスミン米とレモングラスのライス、

おおまかに説明すると、そういうこと? 鶏肉はそのまま入ってるよね、カツになってないけどお。




え〜と、う〜んと、そ〜ですねー、あのね〜、だから〜、

言葉に困る。ツッコミどころが多すぎて、どうしていいのかわからない。



雪が溶けました

この2、3週間、気温は朝も昼も夜も2度とか1度とかゼロ度とかばっかりで、どんよりと空も曇って、しかも雪さえ降ったロンドン。

今日は、朝から久しぶりに太陽が顔をだし、気温も6、7度まで上昇。日曜日に積もった雪は、とうとう跡かたもなく、消えました。寒さもやわらぐと、筋肉のみならず心の緊張も解けまして、街を歩いているといつもの光景が目の前にひろがります。


それは、
2013-01-26 ごみ

純白の雪が隠していた、ごみだらけの真実のロンドンの姿を浮き彫りにします。



更に、ここで、クエスチョン!
さて、ロンドンの人通りの多い歩道で必ずのように見かける、この白や灰色の丸いものはなんでしょう?
2013-01-26 地面1



なんと、

チューインガム、だそうです!!!




衝撃写真をもっとお楽しみください。
2013-01-26 じめん2



これが、ロンドンですよ〜。
みなさん、是非いらしてください!



ダッフィーの魅力より大きい不景気の怖さ

英国の経済はやっぱり悪くなっている。

今日発表になった2012年10−12月の国民総生産GDPは、前期比0.3減とマイナス成長を記録した。失業率は7.9%だし、インフレ率が2.7%くらいなのにイングランド銀行(中央銀行)の政策金利はたったの0.5%だから、銀行にお金預けていても馬鹿らしいだけだし、景気は悪いのに移民の急激な増加と出生率の上昇で、深刻な家不足に陥り不動産は高くなっているし、国債を減らすために医療サービスは高齢化が進んでいるのに予算を減らしているし、とんでもなく生きにくい状況になっている。


英国のロックとかサブカルチャーに惚れこんで来た日本人にとって、景気の悪くて若者が仕事にありつけなくてどんよりしちゃってる英国こそ 、リアルな英国なんだけど、ここで生活していると、さすがにしんどい。それに、サッ チャー政権下とは、英国人のライフスタイルや価値観は変わってしまっている。あの頃は音楽が若者の気持ちを代弁して、抑圧された感情を解放し、社会や政治と対峙していた。今、音楽は単なるエンターテイメントになってしまった。それに、サッチャー政権下では、インフレも高率だったが、政策金利も10%くらいと高かったと聞いた。給料と比較して、不動産は今よりずっとお手頃だったので、専門職についていない若者でも、頑張れば家がもてた。


頭を痛くしているのが、2008年のリーマンショック以来急に進んだ円高。1ポンド200円以上価値があったのに、一時期は110円台までポンドは下がった。阿部新政権のおかげで、円安方向に進んでいるが、それでもまだ140円台。ちょっ としかないポンドの預金を円に替えるのは、まだ戸惑う。


去年の三月頃、ディズニーのキャラクター、ダッフィーに年甲斐もなく萌えてしまった。おしりふりふりしっぽもこもこおててまるでもみじまんじゅうのダッフィーに惑わされ、株主優待を目的に東京ディズニーリゾートの会社オリエンタルランドの株を真剣に買いたくなってしまった。当時8500円くらいしたオリエンタルランドの株は、業績をさらに伸ばしてとうとう11500円超え。10ヶ月で3000円も上昇である。でも、株の前に為替というリスクを取らなければならないとなると、果たしてどうなのか。この10ヶ月で1ポンドあたり130円から140円台になった。多少の利益は出たことになる。おめめくりくりおけけもふもふおなかめたぼりっくしんどろーむのダッフィーに、誘惑されて株に手をつけなくてよかっ たのかどうか。



羊毛フェルト、ダッフィー。サイズ、4cm。
2013-01-25 だーちゃん





英国は、今、実際生活していてポジティブな要素が浮かばない。日本政府が頑張って円安方向に動いても、英国が景気が悪くて世界的にみてポンドが魅力的でないので、ポンドが更に売られてポンド安になる可能性も近いうちあるかも。ポンドを円に替えての日本での株デビューは、勇気も貯金もなくて、まだまだできそうにない。



ほっぺの毛

証明写真に使えそうなぷうのワンショット。ほほにたーっぷりある毛はきちんと整えました。

2013-01-20 ほほけ



毛を戻すと、こうなります。
2013-01-20 ほほけ2




ウォーリー&イヴ

羊毛フェルト初心者です。
雪だるまを見ていたらイヴを作ってみたくなり、イヴひとりじゃ淋しいだろうと思って、ウォーリーも作ってみました。

2013-01-22 walle



ディズニーピクサーの映画WALL-E(2008)より

ウォーリーとイヴのダンスシーン





ダイソン、ぷうの毛吸う

数年前、ダイソンを買った。テレビも電子レンジも、大抵の家電製品がそこそこいい耐久年数をしているのに、掃除機だけはだめだった。吸収力はもともと弱い上、すぐに吸い込みは悪くなり、どんなに掃除しても埃っぽさは残り、ぷうの長い毛はカーペットに絡み付いたままだった。三回も買い替えた末、ようやくダイソンに辿り着いた。日本でも評判がよく販売されているメーカーなら、大丈夫に違いない。

そんな期待に答えてくれた。Dyson DC Animal 23という、ペットの毛も吸い取ってくれるというすぐれものだ。カーペットに絡んだ猫の毛も、ちょっと頑張らなければならないけど、なかなかよくとってくれる。過去につかったHoover社の製品に比べたら、その性能は比べ物にならないほど素晴らしい。さらに、細かい埃や砂塵も吸い取ってくれるので、窓を閉めたままでも楽々ダイソンできる。でかくて重くてしまいにくいという欠点は、ダイソンの美点を考慮したとき、微々たるものに感じる。

上から
2013-01-23 だいそん




2013-01-23 だいそん2





でも、ふつうの日本の住居にダイソンは必要なのだろうか。これは元来カーペット用に開発されたものだし、欧米の他の掃除機会社がライフスタイルに適したいい掃除機を提供しそこねてきただけだ、と思う。日本の家電メーカーさんの掃除機は本当に素晴らしい。


ぷうは、掃除機が大嫌い。
廊下を掃除してから居間に戻ると、コンピューター用のデスクの上に避難しているぷうを発見。

2013-01-23 まっくぷ


まんまる

そんなに太ってません! ただ毛がもこもこふこふこなだけです! 信じてください!



2013-01-22 まる


2013-01-22 まる2



2013-01-22 まる3




ピンクフロイド、壁

ちょっと前の話。

ロンドンの名物ブラックキャブこと黒タクシーを利用する機会があった。勿論、ビンボーなのでこのタクシーは私用のためではないが。

ブラックキャブの運転手さんというのは、どういうわけか、白人系イギリス人が多く殆ど中年男性。乗り込んだキャブのうんちゃんも、当然のごとく50代くらいの典型的なワーキングクラス出身らしい、お腹がぽこっとでている白人系イギリス人。

ところが、今回はひととだけ、いつもと違っていた。音楽がかかっていた。しかも、あの70年代を代表とするロックバンド、ピンクフロイドの名曲ウォールではないか!!!


ピンクフロイド、ウォール





な、なんて事!

何度となくキャブは使ってきた。でも、大抵ラジオがかかっているか、BGMなしでの営業。バリバリのロックミュージック聴きながらお客さんを乗せている運転手さんははじめてだ。しかもよく聴くと、The Wallのアルバムかけっぱなしという素晴らしさ。英国はかつてそのポップとロックな音楽を世界に発信してきた。新鮮な音、奇抜なコンセプト、斬新なアレンジ。政治的なメッセージや社会の問題を露呈してきた。ピンクフロイドはそのなかでも文学や哲学的な歌詞を書いてきた。

ロンドンの街中を、ピンクフロイドをかけているタクシーに乗っている、なんて贅沢なんだろう。


70年代は、暗黒時代、といっても過言ではない。炭坑労働者が大規模なストライキを起こした。あちこちでいろんな労働者達がストライキをおこし、それによって停電さえもおこった。看護婦さえもストに参加した。多くの炭坑や工場は、経営の危機にあり、閉鎖をせまられるものもあった。自暴自棄になった労働者達は、団結し、警察と衝突した。ストライキやデモはしばしば暴動と化した。警察はそれを鎮圧するため機動隊さえ招集した。



斜陽の英国。ピンクフロイドはそんな社会的な混乱のなかで活躍したバンドだ。




が、現実問題として、こんな音楽聴きながら運転していいのだろーか。
ちょっと、音楽的にはサイケデリック過ぎるし、歌詞は哲学的すぎる。ふと、運転中になにかのはずみで、おも〜いことを考えてしまったらどうなるのか。ウォールの歌詞は人によっていろいろな捉え方があると思うけど、核となるのは社会制度や政治への不信感だろう。こんなこと思い詰めていったら、自己破壊にさえつながる。

サイケデリックな音楽、特にデヴィッド・ギルモアのギターに酔い痺れているうちに、なんとか無事にタクシーは目的地まで着いた。



ロンドンに長いこと居すぎて、イギリス人のみならず、いろいろな文化の移民系の人々からさえ人種差別的発言をされまくり、精神がずたずたぼろぼろになることもある。そんななかで、すっかり忘れていたことがある。

ロックは共通語で、そこには普遍性があるだけだ。人間の悩みや苦しみや怒りは、共通なんだから。あたりまえのことを再確認。




タクシーから降りるときに、ピンクフロイドのことを聞いてみる。お、わかったかい、好きなのかな、と、うんちゃんは凄くいい笑顔をみせてくる。フットボールフーリガンとして球技場で暴れてても不思議ではないほど、いかつい外見をしたうんちゃんは、とても魅力的なおっさんだった。


うんちゃん、ありがとう。



じゃが皮のリサイクルポタージュ

節約といえば、じゃがいも。
イギリス人の主食はじゃがいも。とはいえ、最近またいろいろな食品が値上がりしていて、じゃがいもも例に漏れず値上がりしている。だから粉のほうが節約には合っているし、私はあんまりじゃがいもは食べない。カレーとシチューと肉じゃがにつかうくらい。

が、連れがイギリス人だと、じゃがいもは必需品になる。でも不器用なイギリス人は、いもの皮むきさえ上手にできない。分厚い、身の部分が沢山ついた皮が捨てられる。全じゃがいもの20-30%が生ゴミとなる。

もったいない。

ちなみにもったいない、をニュアンスまで伝える英語はない。だから、連れの切り落としたじゃがいもを、油で素あげして食べた時は、笑われた。皮つきのフライドポテト、と考えれば、結構おしゃれになるのに。ほくほくの白い部分が多くて、おいしかった。

そんなじゃがいもの皮の切り落としを使って、ポタージュを作ってみた。






レンジでチンしたじゃが皮。
2013-01-20 じゃが皮






材料:

不器用なイギリス人の切り落としたじゃがいもの皮 適量 

タマネギ、小1個くらい

豆乳 なければ牛乳

固形コンソメ、もしくはベジタブルストック



こしょう

バター、お好みで

トッピングに、クルトン、パセリなど





作り方:

1、コンソメは少量のお湯で溶いておく

2、じゃがいもの皮とタマネギをレンジで温めて調理しておく

3、レンジで温めたものとコンソメと豆乳をミキサーにかける

4、鍋に移して温め、バターを入れ、塩こしょうで味を整える

完成!

2013-01-18 ぽたじゅ


笑いたきゃ、笑えばいい。食べ物を捨てるなんて、もったいない。




注:なるべく新鮮でおいしいじゃがいもの皮だけ使ってます。芽の部分や青いところなどは捨ててます。




また雪

またしても、雪。気温は昼も夜もほぼゼロ度。
こうなると、出掛ける時も家に居る時も、防寒対策に励んでしまう。

そうなると活躍してくれるのが、このイヤーマフ。千葉にある東京ディズニーシーで姉が買ってくれたのは、もう11年前のこと。それでも毎冬のように使ってる。


2013-01-20 いやまふ


横からみると、
2013-01-20 みきまふ

ミッキー!



ディズニーリゾートのタグ。
2013-01-20 りぞーと


さて、外でるか。ミッキーさんに両耳温めてもらってるから、安心。

2013-01-20 もっとゆき


巨大ニコイセサラダ

健康的な食生活を推進するワークショップに行ってきました。いろいろなところから基金がきているプロジェクトなので、有り難いことに、受講料はもちろん、タダ!

イギリス人はよくアメリカ人を太っている、と評するけど、実はかなり有名な肥満大国。国別肥満率では、アメリカ、メキシコに続いて3位と、かなりの高位置につけている。(注:肥満度を表す体格指数としてよく使用されるボディマス指数、BMI、で30以上を肥満と定義する。ボディマス指数の計算方法は、体重kg/身長mの2乗。160cm、50kgの人はボディマス指数が19.5となり、普通体重とみなされる。) 肥満率はアメリカで30.6%、イギリスで23%、日本は3.2%。ボディマス指数が25以上のイギリス人の人口割合は、実に62.8%に及ぶ。

つまり、イギリスの人口の半分以上が太っているんですよー。すごい。すごすぎるっ。

日本ではちょこっと太めの人もここでは気兼ねなく大腕振って歩けますよ(私のように!)。

メタボリックシンドロームがひき起こす病気によって、医療費の捻出に苦しむのは、どこの国でも重要な課題なんだろーな。そういう理由もあって、このコースはタダなんだろうけど、来ている人達は案の定、不健康的なほどに太ってはいなかった。元々食全般や健康なライフスタイルに興味があるから参加しているって感じ。



まず基本的な食についての講習。イギリスの国営医療サービス(NHS) は、国民に一日に最低5種類の果物と野菜を80gずつ摂取するように呼びかけているけれど(5 portions a day, 80g per portion) 、これをクリアしている人は少数派。

その割に国営医療サービス(NHS)の病院に入院すると、ほぼそのことが実施されていない病院食に出くわしますけどね。この国では、学校や病院で栄養士が働いていないらしい。

さて、その後は楽しい楽しい実食タイム!

フランス料理のニコイスサラダの応用編を、講師のセンセが用意してくれていました。ニコイスサラダはかなりボリュームのある、ヘルシーでとっても美味しいサラダです。

作り方はとっても簡単。




材料:
リーフサラダ、適量。レタス、ロメインレタス、サニーレタスなど、なんでも。
トマト、
グリーンビーンズ、インゲン豆ですね。
ゆで卵、
ゆでた/ふかしたじゃがいも、
薄切りにした黒いオリーブの実、
ツナ缶、
あればアンチョビの缶、



ドレッシング:
オリーブオイル、粒マスタード、ワインビネガー(酢でもレモン汁でも代用可)、ブラックペッパーなど


つまり、具もドレッシングもお好みでドーゾ! センセはドレッシングに酢ではなくレモン汁を入れ、更に蜂蜜も足してました。ポイントは、塩を使っていないこと。塩分の取りすぎもイギリスでも問題視されていること。ツナ缶と酢だけでも結構いけます。


後は材料を皿に飾り付けて、ドレッシングをかけて出来上がり。


どーん!
1回め さらだ


しかもじゃが以外のいろんな芋がはいっている。

いも
粒マスタード入りのドレッシングとパセリがついてますが、気にしないでください。

左から、プランテーン、グリーンバナナ、スイートポテト、ヤム芋です。すべてゆでてあります。暖かい気候の地域、西インド諸島やアフリカなどで広く食されてます。

プランターンは、ごっつい青いバナナと行った感じで、ゆでたり油で焼いたりして食べます。
グリーンバナナは、完熟していないバナナ。芋っぽい。
スイートポテトは、オレンジ色のものが世界的に主流らしいですね。サツマイモと味はちょっと似ているけど、食感はまったく違うもの。
ヤム芋のほうが、さつまいも的なほっこりした食感があります。温かいと甘みのない栗とかサツマイモに少し近いかな。




さらにいろんなフルーツとヨーグルトが用意してあって、カップに各々取り分け。
私の分は、これ。
どーん!
よーぐるとぱふぇ


下から
パイナップル、ヨーグルト、ピーチとオレンジ、再びヨーグルト、ラズベリー、またまたヨーグルト、バナナとアーモンドがトップを飾ってます。まさにヨーグルトパフェ、砂糖は全くはいってませんが、超満足。


ごちそうさまでした!


すいとんでおやつ

節約レシピの王道といえば、粉もの。それは、英国でも同じこと。
その粉ものレシピのなかでも最も手軽にできるのが、すいとん。そのすいとんを葛餅風にアレンジしました。

といっても、きな粉も黒蜜も日本食屋で輸入品を買うのは、高くつく。
ところが、黒蜜は黒糖からできてるんですよね! スーパーマーケットで売っているdark brown sugarって、ほぼ黒糖じゃないですか。さらに、きな粉ことsoya flourの買い置きもある。soya flourは大きなスーパーマーケットや健康食品店などで入手可能。

2013-01-18 そやふらわー



寒いので、すいとんは少量の水で溶いた黒糖と一緒に軽く温めて、食べる直前にきな粉をかけてみました。


2013-01-16 完璧きなこすいとん


懐も体もあたたか。
ごちそうさまでした!!!

ロンドンの雪景色 

さむ〜い。


2013-01-18 ゆきげしき

Alexandra Park アレクサンドラパーク

アレクサンドラパークは北ロンドンに位置する公園。パーク内には有名なアレクサンドラパレスがある。どちらも1873年にできたというから、既に140年の歴史がある。アレクサンドラパレスはコンサートホール、アイススケートリンク、カフェなどの複合施設になっている。地下鉄の駅は近くにないものの、近くにはAlexsandra Palace駅があり、バスはパレスの前で止まってくれるし、駐車場も完備されている。



アレクサンドラパレス
あれくぱ





ま、そんなウィキ的情報はどうでもいいや。公園としてみた時、ここは非常に面白い。まず、パレスはロンドンの中心市街地が一望できるほど高台に建っている.
ゔぃゆー



あいにく、というよりは当然のごとく真冬の典型的なロンドンらしく、今日も曇ってどんよりと昼でも暗い。見晴らしはよくないけれど、それでも金融街に立ち並んでいる高層ビルがうっすらと見える。よく晴れた日は、素晴らしい展望が待っている。望遠鏡もいくつか設置されていて、50pで自由に利用することが出来る。

公園の南側、つまりロンドン中心市街地側は、低地になっている。高低差の激しい公園なので、徒歩でこのアレクサンドラの丘をあがるのは、かなりの運動になる。そして低地の公園には、クリケット場くらいしかなく、あとは芝が広がっていて、近所の人にとっては最高の犬の散歩ルートに。下は遊歩道さえ殆ど整っていないので、私の靴は泥まみれ。車道沿いの歩道から登って行けば良かった。児童公園も、池も、野外カフェも、ばら園も高台にあり、遊歩道もアスファルトが敷かれている。たいがい必要なものは高台にあるので、好奇心からちょっと下におりてみると、戻るのが大変で後悔しかねない。坂を下る時は、アレクサンドラパークを後にするのみ。ロンドンに嫌気がさしストレス解消したい時にも最適の公園。上からはごみだらけのロンドンの街並は見えないもんね。


ローズガーデン
2013-01-17 がーでん


凍った池。春夏は、スワンボートに乗れる。
あれくぱ いけ






にくきゅう

2013-01-15 肉球

HMV、やっぱり、経営破綻

初めて英国に観光で来たのは、もう20年以上も前の話。
私は洋楽に目覚め、友達と会話が噛み合なくなって、それが寂しくて、余計に洋楽にのめりこむ、という悪循環を繰り返していた頃。洋楽をほぼきかない日本人観光客にとっても、HMVのオックスフォードストリート店は観光地のようなもので、買い物がてらに立ち寄る人も多かったと思う。私も勿論、HMVのみならずヴァージンメガストアもを熱心に巡礼した。残念なことに、東京のレコード店のほうが品揃えがよく、ディスプレイも見やすく探しやすかったが。HMVのみならずヴァージンメガストアも、ロンドンの象徴であり、音楽のみならずサブカルチャーへの偉大なる貢献を果たして来たはずだ。

今朝、HMVが破産申請の準備に入ったというニュースが飛び込んできた。
最近、さるロンドンのショッピングセンターでHMVの支店がきちんと営業しているのをみて、びっくりしてしまった。経営うまくいっていないことは既にニュースになっていたので、小さな支店は売り払っているのかと思っていた。もう長いこと、英国でもオンラインショッピングが主流になってきているし、スーパーマーケットでもメジャーなアーティストのCDは手に入るし、若い世代はダウンロードだけで満足している人が多いから、経営難になるのは自然の成り行きだと思う。

オックスフォードストリート店だけは、なんとか残して欲しいと願うのは、理不尽なノスタルジアでしかないのだろうか。92年の歴史ある世界的に有名なレコード店が去り行くのはなんとしても堪え難い。とはいえ、もう私自身が洋楽に全く興味がなく、この5年CDを購入した記憶がなくレコード店に行くことさえない。それに、ビヤードパパのロンドン支店が閉店してから、ピカデリーサーカスに行ってもオックスフォードストリートに足を運んだことがない。オックスフォードストリート店がHMVの博物館になれば、シュークリームの誘惑なくとも出掛けるかもしれない。

英国がまた英国らしさを失っていく。





旧世代なんで、CDは捨てられない。
CDs.jpg


ロンドンで猫と安心して暮らしたい

イギリス人というと、動物好きというイメージがあった。
実際、動物のためのチャリティー団体とか沢山あるし、ペットフードもいろいろあるし、公園ではいろんな種類の犬さん達にあえる。しかし、ロンドンは様々な文化、人種、宗教、価値観が共存する都市。しかも外国からの移民が非常に多いし、その数は増加し続けている。犬とか猫とか見てもテンションあがらずにスルーするいろんな文化圏の人達を見てきて、ちょっと寂しい気持ちになる。

問題は、私の癒しの(オッサン)猫ぷうが動物病院に行かなくてはならないときに多々起こる。ぷうを小型ペット用キャリーケースに押し込んで、ミニキャブを使って病院に行ったことがある。そうすると、キャブの運転手さんによっては、猫運送代を強引に請求にしてくることもある。運転が非常に荒くてキャリーケースがひっくり返ったこともある。病気のぷうが交通事故で怪我するのは避けたかった。かの有名なロンドンのブラックキャブの運ちゃんはだいたい大丈夫だけれど、私の住んでいるエリアではほぼ走ってないのでつかまらない。仕方なく、時間はかかるけどバスを使ったこともある。ぷうのためにもバスのほうが安心だと思った。

近くにある病院に歩いていく時さえ、治安の悪さを実感したことがある。歩道を歩いている時、向こうから来た体格のいい男の人がキャリーケースにぶつかった。偶然の事故だった、と思う。が、30メートルもすれ違った後で、何故かその人は私に向かって怒って何か叫んできた。更に私に向かって追いかけてくるような威嚇さえみせたので、キャリーケース抱えて走って逃げた。ぷうが無事で本当によかった。

ロンドンは、多分、もう「イギリス」ではないんだ、とさえ思うこともある。

とはいえ、育ちも教育もそこそこよろしい典型的な白人系のイギリス人でも、ペットに興味ない人もいる。彼女は日本で3ヶ月ほど英語を教えいたそうだけど、生徒達はよくペットのことを話していた、と言っていた。ロンドンでは、日本の猫カフェにならって、初のキャットカフェが最近オープンしたそうである。

日本のほうが動物好きなのかも知れない。

ぷ
病院行きたくないから、病気しないでね。

みぞれ

今日のロンドンはみぞれが降ったりやんだり。空も暗い。
午後には雪も殆ど融けてしまいました。

株に雪
 まだちょっと残っている木の切り株の雪。



花みぞれ
 お花が寒そうです。



水鳥
 池の水が冷たそう。泳ぐのやめよかな。

よろしくおねがいします。

ぷう1

ぷうです。こうみえても13歳のおっさん猫です。
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR