ウェットランズ(3)都会のオアシスのもふもふ達


ウェットランズのまた続きです。
ウェットランズ(1)自然いっぱい鳥さんヘブンの貯水池
ウェットランズ(2)エンジン・ハウスのトイレを使わせていただきました
ウェットランズの北側に、道路を渡って移動しました。
wln1.jpg


千葉県浦安市にある世界的に有名なテーマパークでは、運がよいと着ぐるみに身をまとった方々に入り口で歓待を受けるそうですが、ここウェットランズでも運がよいと羽毛に身をまとった鳥さんに入り口で会えますが、思いっきりシカトされます。
wln2.jpg


おかーさんのお尻に隠れたヒナのおしり。
wln3.jpg


こっち見てるなー、大丈夫よ、写真撮るだけだから。wln4.jpg


北側は、大きめの貯水池があって、緑は少なめ。
wln5.jpg


風が激しくて冷たい。
wln6.jpg


さりげなく写り込んだ、お散歩している人の影と、翼を広げた鳥さんの影。
wln7.jpg


横断する鳥さん。
wln8.jpg


スーパーマーケットのカートがこんなところにも。
(余談ですが、スーパーのカートはこの国では街角や住宅地やゴミ捨て場や運河沿いなど、あちこちに捨てられています。公共心なんてもの、あんまりもってないみたいです)
wln13.jpg


そして、そのカートを上手に利用して巣作り。
偉いなあ。ゴミ捨てないでと文句も言わずに、そのゴミを利用するなんて。
wln14.jpg


この白鳥カップルは、なんだか知らないけど寄ってきました。
wln12.jpg


シンクロしているポージング。
単に仲いいってのを見せびらかしに来たの?
wln11.jpg


もふもふヒナさん達。
wln9.jpg


もふもふヒナさんの散歩。
wln910.jpg


ウェットランズ全体は、歩いても一時間くらいです。
貯水池のあるエリアはもっと広いのですが、通行止めになっている遊歩道も多くてちょっと残念。
季節も変われば風景も変わるから、また来るな、きっと。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ウェットランズ(2)エンジン・ハウスのトイレを使わせていただきました


ロンドン東部の、都会の中のオアシス、人工の貯水池なのに自然いっぱいなウェット・ンズ訪問記の続きです。
(前回はこっち → ウェットランズ(1)自然いっぱい鳥さんヘブンの貯水池

今回は、メインの入り口近くにある建物、エンジン・ハウスのなかの紹介です。
なかには、お店、カフェ、展望、トイレ、多目的ルームなど。
eh1.jpg
去年オープンしたばかりだから、トイレは比較的きれいでした。


お店。
鳥や自然に関した本とか、小物とか、子供向けのものとか。
(ビンボーでそんなものを買う余裕がないので、売ってあるものよく見なかった)
eh2.jpg


階段あがって、バルコニーから外を眺めます。eh6.jpg


バルコニーか下を見ると、お茶飲んでくつろいでるおばさん達(私は、バルコニーでくつろいでいるおばさん)。
eh7.jpg


謎の瓶が天井からぶら下がっていて、
eh5.jpg


その下はカフェ。
eh3.jpg


過去には、エンジン・ハウスは貯水池の管理をしていたのでしょうね。
ビンテージ感のある機器。
eh9.jpg


エンジン・ハウスからそれほど遠くないところで見かけた、ぴよこさん。
エメラルドグリーン的なきれいな色の羽毛。
(私は、トリの種類とかまったく分からない人です。猫好きですが、実は猫の種類もほぼ分からず、同居していたにゃんこさんの種類とか全く知らず、鳥類とほ乳類は、ほぼ全部可愛いで、いままで生きてきてしまいました)
wl21.jpg


ぴよこさんの、おとーさんとおかーさんかな?
一人っ子のようです。
wl22.jpg


ぴよこさん、疲れたのかしゃがみこむ。
wl23.jpg


羽毛が緑色なのは、擬態なのかな?
周囲の植物の色に似せて、外敵から身を守っているのかな?
wl24.jpg


おしり。
wl15.jpg
がんばって、元気に成長するんだよ〜



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ウェットランズ(1)自然いっぱい鳥さんヘブンの貯水池

去年オープンしたウェットランズ(Wetlands)に行ってきました。
東ロンドンにあるこの自然地区は、100年前に人工的に造られた貯水池のあるエリアです。
以前は、ロンドンは水が汚くて市民が病気になったり死亡したり、りテムズ川の汚染がひどくてその汚臭のために国会が閉会したり(Great Stink)、とんでもなかったのです。
公衆衛生というものの意識がうまれ、安定した水源を確保し、市民に提供するために、造られた池。
長い間に、水鳥が生息する自然豊かな保護地域のようなものになりました。
ずっと前、天気のよい日本帰りの飛行機からロンドンを眺めていたら、多くの池/湖のようなものがあることに気付きました。
これが人造湖で、その一部が宝くじ収入の補助金などを受けて一般に公開となったようです。


最寄りの駅は、地下鉄ヴィクトリア線とオーバーグラウンドが通っているTottenham Hale。
そこから歩いて5分くらい。
駐車場もあるし、バス停はすぐそば。
アクセスはとてもいいです。


入り口にて。
wl1.jpg


この水を、私達飲んでるの。
wl7.jpg


貯水のために人工的に造られた、とは思えないほど、緑が豊かなエリアも。
wl8.jpg


登録してお金払うと、釣りもできるみたい。
貯水池にはお魚さんもいるなんて。
wl9.jpg


都会の喧噪を忘れる〜
くつろぐ〜
wl4.jpg


かゆい〜
wl3.jpg


ねむい〜
wl6.jpg


鳥さんも多く生息する繊細な自然保護エリアなので、ワンコさんは残念ながら入園禁止です。
それから、ジョギングとサイクリングが許可されないエリアもあります。
とはいえ、私が訪問したのは平日で、5歳くらいの子供を30人くらいぞろぞろ連れた保育所の集団も。
鳥さんにとって、自転車よりお子様の集団のほうがコワいんじゃないの?
あと、ベンチもないので、園内でゆったりお弁当というわけにはいきません。
歩いて自然鑑賞してバードウォッチングして、水と自然の恵みに感謝するには、とてもよい機会です。
鳥さん観察用の双眼鏡を首から下げた人や、バズーカみたいな高価な望遠レンズ付きのカメラ抱えた人もいました。


このすぐ近くで、2011年のイギリス暴動のきっかけとなる事件おこったなんて信じられないです。
マーク・ダガンという29歳の男性が、追跡していた警察に射殺されたの場所が、ここから、すぐそば。
(警察の主張では、犯罪歴があるマークが銃を入手したので、それを使用することを阻止しようとしたらしい)
魚は泳ぎまくり、鳥は飛びまくり、水を貯めまくっているこののほほーんとした都会の中のオアシスみたいなこの貯水池の近くで。
すげーよなあ、英国って。





にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンの冬、今年は冬らしい冬ですね〜

大西洋の向こう側では、新しい大統領が就任しました。
大西洋のコチラ側の英国でも、EU離脱だなんだかんだと、てんやわんやでございます。


それはさておき、このロンドンの冬は久しぶりに冬らしい冬となっています。
この2、3年は、手袋をしたり厚手のジャケットを着る機会が少ないくらい暖冬でした。
昼間でも5度くらい、夜間は気温がゼロ度まで下がる日々が続いています。
でも、最近はよく晴れています。
英国の冬は、どよーんと曇っているのが常なので、晴れて明るいだけ気分はなんとなくポジティヴ。
ただ、緯度が高いので、太陽の日射しはそれほど温かく感じられませんが。


公園の池も、部分的に凍っております。
2017 ふゆ1


かもさん、しもやけはできないのかな?
2017 ふゆ2


原っぱも、霜がおりています。
2017 ふゆ3


落ち葉で隠れた、穴。
キツネさんのおうちかな?
今年は寒くて大変そうです。
がんばれ。
2017 ふゆ4


冬来りなば春遠からじ。
昭和なマンガ、『エースをねらえ!』で学んだことわざをふと思い出しました。
(たしか、主人公岡ひろみのお父さんが言っていたのかな?)
不思議なことに、学校で学んだことはほぼ記憶にないのに、子供の時読んだマンガや観たアニメのほうが鮮明に覚えています。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

アレクサンドラ・パークのアヤシいライオンさん

アレクサンドラ・パレスは、アレクサンドラ・パークという公園のなかに立っています。
アレクサンドラ・パレスが高台にあるので、この公園が高低差が激しくて、下手に歩くと足や腰にきます。


小さい池とカフェがあるエリア。
2016apk4.jpg


何を血迷ったかタテガミをストレートパーマしてしまったライオンさんがお迎えしてくれます。
2016 apk1


銅製のこのライオンさんの彫刻、1973年にアレクサンドラ・パークに造られる予定の動物園のために製作されたそうです。
が、動物園は結局造られずに終わってしまった、と。
綿密な計画とか、効率性とか無視した、さすが斜陽の英国って感じのエピソードだわ〜
2016 apk2


もふもふ水鳥。
2016 apk3


色彩感覚を疑うスワンボート。
2016 apk5


極彩色ボートは、スワンではなく、ドラゴン?
ペンキの剥げ具合が郷愁をさそうわ〜
2016 apk6


ロンドンの秋冬は、曇り空ばかりでお日様を拝める日が少なくて、太平洋側の日本の快晴が多い日本の冬が懐かしいです(静電気は嫌だけど〜)
2016 apk7



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村