愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

ロンドンの冬、今年は冬らしい冬ですね〜

大西洋の向こう側では、新しい大統領が就任しました。
大西洋のコチラ側の英国でも、EU離脱だなんだかんだと、てんやわんやでございます。


それはさておき、このロンドンの冬は久しぶりに冬らしい冬となっています。
この2、3年は、手袋をしたり厚手のジャケットを着る機会が少ないくらい暖冬でした。
昼間でも5度くらい、夜間は気温がゼロ度まで下がる日々が続いています。
でも、最近はよく晴れています。
英国の冬は、どよーんと曇っているのが常なので、晴れて明るいだけ気分はなんとなくポジティヴ。
ただ、緯度が高いので、太陽の日射しはそれほど温かく感じられませんが。


公園の池も、部分的に凍っております。
2017 ふゆ1


かもさん、しもやけはできないのかな?
2017 ふゆ2


原っぱも、霜がおりています。
2017 ふゆ3


落ち葉で隠れた、穴。
キツネさんのおうちかな?
今年は寒くて大変そうです。
がんばれ。
2017 ふゆ4


冬来りなば春遠からじ。
昭和なマンガ、『エースをねらえ!』で学んだことわざをふと思い出しました。
(たしか、主人公岡ひろみのお父さんが言っていたのかな?)
不思議なことに、学校で学んだことはほぼ記憶にないのに、子供の時読んだマンガや観たアニメのほうが鮮明に覚えています。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

アレクサンドラ・パークのアヤシいライオンさん

アレクサンドラ・パレスは、アレクサンドラ・パークという公園のなかに立っています。
アレクサンドラ・パレスが高台にあるので、この公園が高低差が激しくて、下手に歩くと足や腰にきます。


小さい池とカフェがあるエリア。
2016apk4.jpg


何を血迷ったかタテガミをストレートパーマしてしまったライオンさんがお迎えしてくれます。
2016 apk1


銅製のこのライオンさんの彫刻、1973年にアレクサンドラ・パークに造られる予定の動物園のために製作されたそうです。
が、動物園は結局造られずに終わってしまった、と。
綿密な計画とか、効率性とか無視した、さすが斜陽の英国って感じのエピソードだわ〜
2016 apk2


もふもふ水鳥。
2016 apk3


色彩感覚を疑うスワンボート。
2016 apk5


極彩色ボートは、スワンではなく、ドラゴン?
ペンキの剥げ具合が郷愁をさそうわ〜
2016 apk6


ロンドンの秋冬は、曇り空ばかりでお日様を拝める日が少なくて、太平洋側の日本の快晴が多い日本の冬が懐かしいです(静電気は嫌だけど〜)
2016 apk7



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

アレクサンドラ・パレスの、歴史的な電波塔

アレクサンドラ・パレスに行ってきたよ〜

アレクサンドラ・パレスの東側にある、高い電波塔は過去にテレビの放送に使われていたそうです。
アレクサンドラ・パレスは、ロンドン北部の高台にあるので、送信所としては最高の立地だったのかも知れません。
2016 ap-1


メインの建物。
アイススケート場とか、コンサートホールとかあります。
2016 ap1

その東。
2016 ap2

どーだ、デカイだろ、と言いたげなアンテナさん。
2016 ap4


ウィキペディアさんによりますと、『The world's first public broadcasts of (then)"high-definition" television were made from Alexandra Palace in 1936』とのこと。
当時のいわゆる"high-definition" (日本語のハイビジョン)と呼ばれていたモノってことかな?
それが『世界で初めて』放送された場所です、って。
『世界で初めて』とか『世界で一番』とかいう形容詞、英国人は超大好きだもんね〜。
2016 ap3
(今現在の"high-definition" ことハイビジョンは、日本のNHKさんが商標登録している事実を知っている英国人はごくごく僅か、多分仕事とかの関係者くらいじゃないの? ソニーさんとか英国かアメリカの会社と勘違いしている英国人もいっぱいいますからね〜。電車もマトモに造れないから高速鉄道はHITACHIさんに頼んでる、そんな国民がいまだに英国にはたくさんいて英国が『世界一』って信じているのよ〜)


アイススケート場で、『美女と野獣』の催し物があるみたいです。
中途半端にレトロなポスターがお茶目です。
2016b&b



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

Waterlow Parkでまったり

ロンドン北部に位置するWaterlow Parkでぼーっとしてきました。

2016 wp1


ロンドンの北部、HighgateとかHampsteadの辺りって、ロンドンの中心部より高台にあって坂が多く、高級住宅が多いエリアです。
現在でも、坂道、けっこうきつい。
馬車の時代は、馬大変だったでしょうね。
ロンドンの市街地を見下ろせるので、金持ち層には昔も今も人気なのでしょう。
2016 wlp3


見える〜、高層ビルが。
2016 wlp4


そんな人間の世界にはお構いなしのもふもふ親子、道横切って池へ。
2016 wlp7


春〜夏は、公園めぐり大好き。
水鳥のもふもふの季節だもん。
2016 wlp8

ぬくぬく。
2016wlp9


植物もいろいろ。
2016 wlp5


トイレに近くにあるので、来る度に触ってしまう植物。
Stachys byzantina という名前だったかな?
通称、lamb's-ear、ラムズイアー。
「子羊さんのお耳」という意味。
触ってみると、もふもふ。
子羊さんのお耳って、こんな感じなのね。
私は子羊さんと触れ合ったことがないのでわかりませんが、にゃんこさんのお耳に近い感触です。
もふれる植物。
癒されます。
2016 wlp6


Waterlow Parkは、そんなにゴミゴミしていないきれいな公園でお気に入りです。
でもね、ちょっとやっぱり、この池の水、汚れてる(落ち葉じゃなくて、油っぽいもの浮いている箇所があるの〜、さすがに写真には撮りませんでしたが)
ま、英国だからな〜。
2016 wlp2


それでも、Waterlow Parkのトイレは公園にしてはキレイで手入れが行き届いてます。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

正式名称はクイーン・エリザベス・オリンピック・パーク

クイーン・エリザベス・オリンピック・パーク(英語では、Queen Elizabeth II Olympic Park。日本語表記ではエリザベス2世を表す"II"を忘れてる)で撮影した写真がまだあるので、とりあえずアップ。


オリンピックパークが一般公開になったのは、オリンピックが終わってから約一年たった2013年からのこと。
まだあちこち工事しているし、そんなに人もいない。
2015 qep1


巨大ショッピングセンター(Westfield)と駅(Stratford)に近いエリアですが、それでも人はまばら。
2015 qep2


可動式遊園地。
週末は混雑するでしょう。
勿論、ショッピングモールに近い方。
2015qep9.jpg


子供達とその保護者発見!
2015 qep4


噴水で遊んでます。
真夏ってほど暑くはないけど、ちょっと動くと汗ばむような天候。
これはいいですねー。
2015 qep8


ちょろちょろ。
2015 qep5


お、水きた。
2015 qep3


水、来た来たー、超いっぱい来たよー!
2015 qep6

と、こんな感じで時間とともに水量は変化します。
一部は激しく出て、他方はちょろちょろになったり、その変わり方が予測不可能。
なので、突然吹き出した水に、小さいお子様がびっくりして固まっているのが可愛かったです。
暑い日は私もここで思いっきり遊んで水びたしになりたい。


児童エリアでは、平日で子供が少ないことをいいことに、大人が遊んでました。
しかも大柄な、130キロ越えていそうな方まで、遊戯を使って遊んでいました。
体重規制、ないのでしょうか。
やっぱり、ちょっと見苦しいので、全貌はお見せ出来ません。
花でさりげなく隠しましょ。
2015 くぇp10



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR