愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

25年たてば誰でもおっさんやオバサンになるさ(Ride@Rough Trade East)

ライド(Ride)という、90年代前半にインディー音楽界で一躍有名になったオックスフォード出身のおっさんなバンドをみてきました。
数年前に再結成して、今回は新作をリリースして、イーストロンドンにあるレコード屋さんラフ・トレードで宣伝を兼ねたミニライブです。
25年前にライブに行ったことがあります。
なつかしい。
ロンドンで、ライドをこんなに小さな場所で見られることは奇跡に近いので、出かけてきました。


といっても、写真も映像も撮ってきてないんですけど。
暑くて、しかもラフトレードに着いたのが遅かったので、それどころではなくて。
場所が狭いしレコード屋さんなので、アコーステックセットか、普通のライブより控えめなライブになるのではと思っていたら、フルセットでちょっとびっくり。
アンディー(左側のギターのおっさん)はほぼ曲ごとにギター替えて、メンバー全員本気モードががっちり入ってました。
マーク(ステージ中央の、ステージが狭過ぎてしかも後ろのドラムセットに遮られて、演奏中身動きが殆どとれないおっさん)はアコーステックセットでやろうとしたのですが、アンディーが「フルで行く」と提案してそれに皆さん乗ったようです(レコード屋さんからすると、面倒くさくて迷惑だったかも知れない。一方、ファンにとっては大歓迎)


どういう訳か、この日のライドのライブをYoutubeに動画を上げてくれる人が、いない。
私の隣のファンのおっさん、絶対ビデオで録っていた筈なのに。
とりあえす見つけたのがこれ。
雑音が入ってますが、ステージの小ささとバンドとの距離の近さと臨場感はでてるかな。
もし誰かもっといいビデオアップしてくれたら、後で貼ろうっと。



25年前は、みんな若くて可愛くて、おっさんじゃなかった。
(要注意! メンバ―は全く変わっていません。おっさんになっただけです)
ラフ・トレードのライブの締めくくりも、皆が大好きなVapour Trailでした。



その日、家に帰ってからは、1990年に大人気となったカルトテレビドラマ、『ツイン・ピークス』の25年経った世界を描いた『ツイン・ピークス The Return』の新エピソ―ドを鑑賞。
25年たてば、当時若かった俳優さん達はおっさんになり、おっさんだった俳優さん達は、もっともっとおっさん。
亡くなってしまった俳優さんも、いる。
諸行無常。


私も、すごーくオバサンになりました。
太って白髪がでまくって体力が無くなって愚痴っぽくなって昔の話ばかりして。
あーあ。
でも、気分だけは90年代初期のまま。
どうしようもない。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

73歳、ミック・ジャガー、父になる(八度目)

英国のロックバンド、ローリング・ストーンズのヴォーカリスト、日本ではタラコ唇の愛称で有名なミック・ジャガーさんが先日八人目の子供を授かったというニュースが入ってきました。
73歳にして。
お相手は、29歳。
ドナルド・トランプの家系図がマトモに見えるほど、いろいろな女性とつき合っては何人かは子供をもうけ、古希をこえても二十代女性とお付き合いしてしまうお元気な様子には、羨ましいやら、面倒くさいやら、うっとおしいやら。


ミックの若いとき。



うちの英国人の連れは、もちろんロックファンで、そういった時代に生きておりました。
今でも、ロックミュージックやら何やら、たしなんでます。
男女の差もあるのでしょうが、連れはロックミュージシャンやらアーティスト系の方のスキャンダルというか、どーしようもないダメ男エピソードとか、節操のない単なるアホな逸話などに対して、寛大です。
時代とかキャラにもよるけど、あんまりいきすぎたエピソードに対しては、私は消化不良おこすタイプです。
それか、アートとそれを創った人間は切り離す。
それか、(特に現存する)アーティストに関しては、プライベートの情報はあまりいれないようにする。
それでも、結構難しいですけど。


連れは、ミックの73歳にして29歳の女性と子供をもうけたニュースに関して、ふつうに「すげーな」くらいの反応しかしていなかったので、聞いてみました。
もし、自分の娘がいるとして、ミック・ジャガーの子供生んだら、嬉しい? と。
憧れのミックが義理の家族になるのだったら大喜びするのかと思いきや、
「それはダメ」と、素早い返事。
20代で70代の子供産むとか、相手が大金持ちで尊敬するミュージシャンとしても、家族としてはやはり受け付けないようでした。


音楽が好き過ぎて、音楽に関することとなると時々大バカになってしまってついていけない言動があるので、あまり信用できない連れ。
よかった、多少はふつーの感覚をもっているのですね。


ところで、唇以外では健康マニアとして知られているミック・ジャガーさん。
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスを卒業しているインテリでもあるので、知能指数も高いと推察できるので長生きすると思います(知能指数が高いほうが長生きするというデータがあるようなので)。
それに、ミックのお父様、97歳でお亡くなりになったとか(お母様は87歳、遺伝も長寿には大きく影響するみたいだから)。
余裕で100歳越えそうなので、八人目のお子様のお子様も、ミックは抱っこできそうです。
(あと2、3人くらい子供もいけそうです)



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

日本人の洋楽ファンでさえ知らないようなバンドのライブ、行ってきました〜

(2週間前のお話ですが)久しぶりにライブに行って音楽堪能してきました。
80年代の後半に活躍したロンドン出身のインディーバンド、Loopが20数年ぶりに再結成してツアーであちこち回っているというので、連れと共におでかけです。
Loopは、伝説となった正真正銘のカルトバンドです。
まず、日本人の80年代洋楽インディーミュージックファンにほとんど知られていない(笑)。
日本盤も発売されませんでしたから。
本国英国ではかなり注目されたバンドで、この再結成は各方面から大きくとりあげられて一ヶ月にも渡る全米ツアーやあちこちのフェスティバルに呼ばれてで大忙しだそうです。


ライブは、すごくかっこよかったです。
迫力ありまくり。
(もちろん一般うけではないよ〜)
おっさん達が演奏しているということを忘れさせるほど。
再結成を待ちに待ったおっさんファンの熱意もよく伝わってきました。
(前陣を取ったおっさん達の、ハゲ率と「一人で来ました」率高し)。
さすがのカルトっぷりです。
日本人も嬉しいことに数名見かけました。
(もうひとつのバンドを見にきていたのかも。そのGodfleshというバンドも日本人に殆ど知られていないかなりのカルトバンドなので、どのみち素晴らしいことです)


連れ撮影
2014-06-05 ろおぷ


2014-06-05 ruupu



いつも値引き品とかタダとか安いものばかりブログネタにしている我が貧乏ブログですが、当然のことながらおひとり様25ポンドもするこのライブのチケットに一銭もかけておりません。
連れがですね、ちょっとしたコネがありまして幸運にもゲスト枠を頂いたのですよ。
50ポンド、丸儲けです。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

最大のHMV店、幕を閉じる

しまった。


すでに閉まってた。

2014-01-14 hmvとじた

1986年にオープンした世界最大の売り場面積を誇ったオックスフォードストリートにあるHMVレコード店のフラッグショップが、先週日曜日にその歴史に幕を閉じました。
とにかくその売り場面積と品揃えのよさは過去においては有名で、若い時に短期旅行で来た時に同行者の一人のクラシック音楽愛好者がCDを大人買いしていたのを思い出します。
あんまり広くて探すのが大変なこともあったけど。
結局、日本のレコード屋(普通のレコード店のみでなく、HMVもヴァージンもタワーレコードも)のほうが、陳列が丁寧でジャンル分けがしっかりしていて探しやすくて好きだったけれど。
でも、ここは二十年くらい昔までは、ロンドンに来る観光客(音楽が特に趣味でない人も)が必ずといっていいほど訪れる場所だったのに。
音楽産業の縮小とネットショッピングの影響は、ここまで来てしまったようです。
1921年から営業しているボンドストリートのHMV店は営業を続けるそうです。


あと、オックスフォードストリートの変化は、建物が鉄道(Crossrail)建設のため一部取り壊されてしまったこと。
オックスフォードストリートより南側、Dean Streetと Great Chapel Streetの間の建物、消えていて工事中です。
2014-01-14 hmv2

2014-01-14 hmv3




ここからすぐの裏通り、Berwick Streetを南に行くと、様々な専門店があります。
Sister Rayは昔よく来たお店。
営業中。
最近は音楽マニアがビニール盤など漁っているらしいので、こういった小さな個人のレコード店も元気。
2014-01-14 sisterray


ここもレコード店だった記憶があるのですが。
空っぽ。
2014-01-14 moto reko-doya


古きよき英国が消えていく。
もう、いい加減に慣れたつもりでいるけど、元々音楽好きで英国に住み着いてしまったので、やっぱり辛いかな、ちょっとだけ。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

Xfactor ~ どこかで誰かが稼いでいる

Xfactorという人気のテレビ番組があります。
素人さんの歌番組で、チャンピオンに選ばれたり人気のあった参加者は後々レコード会社と契約してミュージシャンとしてデビュー出来たりします。
来日したけど、大抵の日本人は聞いたことも見たこともない男性5人組のポップグループ、One Directionはこの番組から誕生しました。


オーデションを勝ち抜いた12人(組)の素人さんに毎週歌わせて人気のない参加者から一人もしくは一組づつ抜けていく方式なので、ちょっとじれったいというか。
参加者のすべてがポップな路線というわけではないので、たまに個性的な参加者なんかいろんなスタイルの歌を歌わされて、その個性もへったくれも踏みにじられたりするんですよ、可哀想なことに。
英国の音楽業界は最近尋常でないほどに量も質も悪く、アメリカ勢に押されまくりでしかもインデペンデント系レーベルもぼろぼろの状態です。
そのためか、まれに20年前だったら問題なくインディー系で活躍できそうな方も出演してきます。
戦後の英国の製造業に続いて、ポップ/ロック音楽業界も斜陽化してます、確実に。


ま、この番組、金のかかった素人さんカラオケショーなんですけどね、私から見ると。


金はかけてます。
この番組、怖いんですよ。
参加者を毎週一人づつ落としていく過程で、視聴者に電話で投票させてそれを元に誰を落とすか決めるんですよ。
(或はテキストメッセージ、携帯電話に送るメールのこと)
ネット投票は受け付けないみたい。
それが電話代だけじゃなくて、なんだか余計にお金かかるんだな。
このXfactorの番組では、一回投票するのに35ペンスかそれ以上(電話会社による)かかります。
普通、電話するだけでそんなに取られません。
しかも番組最中に必ず視聴者プレゼントがあって、オーストラリアに有名なポップシンガーのコンサートを見てバックステージパス付きで高級ホテルに滞在できる、とか、そんな内容のもの。
でもよく注意して聞くと、エントリーするだけで電話代最低でも1.5ポンドかかるという。
日本円にして225円(1ポンド150円計算)も申し込むだけでかかるの?
それって、絶対どこかで誰かが儲けているじゃない。


英国って、一般参加型の賞とか参加費を電話代など通じて徴収すること多いんですよ。
数年前、ローカルでやってる最高のレストランを選ぶ企画に参加してるのでテキストメッセージでこのレストラン推薦して、と言われたことあります。
でも、よく見たらメッセージ代のほかに25ペンスほどかかるんですよ。


日本は、視聴者参加型にお金なんてかからないですよね。
読者プレゼントなども。
最低限の電話代とか、最低限の切手代とかだけ。


人気のテレビ番組なのですから、広告費だけで十二分な収入を得ているはずです。
お気に入りの参加者に投票するのは、子供達が主でしょう。
どこかで、誰かが、泡銭稼いでいるな。
そう思いながらも、他の英国のバラエティーテレビ番組があまりにもお粗末なのでたまに観てしまいます。
投票は、しないけどね。




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR