ぷう猫が旅に出て一年たちました

ぷうがいなかったら、英国みたいな国で生きていけるなんて思っていませんでした。
なんとか、頑張っております。
ぷうがいてくれたから、ぷうがもふもふしてくれたから。
なんとか、なる。
私の人生、もっともっと、弾けてみせる。


ぷうは、本当に良い子でした。
2010年の末から、当時19歳の先住猫のぱっちゃんが一気に老化が進んで調子が悪くなりました。
ベッドで寝ていたのに、それも辛くなったのか、ソファの上で昼も夜も殆どの時間を過ごすようになりました。
それから4ヶ月、ぱっちゃんが旅立つまで、ぷうはずっとぱっちゃんの傍にいるようになりました。
この二匹、仲良しではありませんでした。
いつも距離を保って、一度も抱き合うこともなく、すぐに「シャーッ」と威嚇し合う仲だったのに。
ぷうも、よく枕元に来て一緒に寝てくれたのに、それ以来全く来てくれなくなりました。
遊んだり、走ったりすることも殆ど止めて。
ぱっちゃんの近くで、ぱっちゃんの寝息の聞こえるところではないと、安心できなかったんだろうな。
それまで暴れん坊だったぷうはとてもおとなしくなってしまいました。


そして、ぱっちゃんがいなくなってから一年以上、ぷうは殆ど遊ばなくなりました。
人間風に言えば、多分介護疲れ、そのあと一種の鬱状態。
ぷうは、もともと繊細で神経質な子。
よその人は大嫌いだから逃げるし、引っ越して一週間も布団の下で隠れて過ごしたほど。
それだけ神経の細いぷうは、空気の読めるにゃんこ。
ぱっちゃんのことを気遣って、心配して。
ぱっちゃんがいなくなっても、なんとか元気になってもらおうと頑張ったけど、もとに戻るのに一年もかかってしまいました。
ありがとう、ぷう。
猫星で、ぱっちゃんと、仲良くもふもふしたり、ケンカしているのかな。
いつか逢いにいくから、待ってて。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

猫泥棒なんか、絶対にならない

また、会っちゃった。
私の心を弄んで、ふっと消えていったあのコに(初対面なのに、5秒で抱きついてきたにゃんこさんのお話はコチラ→にゃんこさんに抱きつかれて、心乱れまくり)。
相変わらず、挨拶もせずに、肉体的接触を求めてくるなんて。
なんて不埒なコ。
そのコに、夢中になっている私。
そうだ、だから、この道を通ってみたんだ。
もしかすると、あのコがいるかも知れないって、そんな希望を持って。


やばいよ、やばいよ。


猫泥棒になっちゃうよー


そういう訳で、この道は通行禁止。
自制する。
無理そうな気がするけど、頑張って自制する。
運良く、このにゃんこさんの『縄張り』は、我が家から2キロ以上離れている。
ここを通るのは、たいてい(滅多にしないけど、まだたま〜にトロトロ走っている)ジョギングのため。
最近は気候もよくなったので、ジョギングコースを変えれば良いだけの話。


ただね〜、ちょっと思うことは、保護が必要なにゃんこさんに出会わないんですよね〜。
保護してしまえば、そのまま「仕方ないな〜」なんてイヤイヤ言いながら、デレデレとにゃんこさんと一緒に暮らしてしまうでしょうけど。
駅もバス停もスーパーマーケットも何でもある交通量の多い道路からちょっと入ったところの3階に住んでいるので、わざわざ散歩で住宅地をプラプラしないと、にゃんこさんにも会えません。
首輪していたり、ぷくぷくしているコばかり。
保護が必要なにゃんこさんは、確かに英国では少ないと思います。
でも、猫依存がひどい私は、にゃんこ無しで、崖っぷちに立ったつもりで、海外で頑張っていったほうがいいのかも。
にゃんこがいると、甘えるから。
ほんとに、頼って依存して、全てをにゃんこのもふもふで、補おうとしてしまうから。

2014 ぷう
ぷう〜ごめんね〜がんばるね〜




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にゃんこさん達へのお願い

暖かくなり、春めいた陽気になってきました。
出不精で引きこもりしか取り柄のない私も、これからは外に出る機会が増えるかと思います。
道端でパトロールしたりぼーっとしているにゃんこさん達と、出会うこともあるでしょう。
誠に身勝手ながら、にゃんこさん達に、特にフレンドリーで人なつこいにゃんこさん達に、どうしてもお願いしたいことがあるのです。


(1)抱きついてこないで
そんなことされたら、嬉しくて気が狂いそうになります。

(2)お腹だして甘えてこないで
そんなことされたら、お毛ヶに顔を埋めたくなります。

(3)私の後をちょこちょこついてこないで
そんなことされたら、そのままおうちへ連れていきたくなります。




もふもふタイムは一分以内、私の後をついてくるのは3メートル以内が理想です。
以上、よろしくお願いします。


そうそう、ロンドンに猫カフェあるみたいですが、5分も猫さんと一緒にいたら情がわきまくって自制心を失いそうなので、行かないと思います。



2014 ぷうはら
ぷうのお腹に顔を埋めて深呼吸して、もふもふパワーをたっぷりいただいてました。
いまでも、もふもふパワーのストックのおかげで、元気です。
ぷう、ありがとね。




にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にゃんこさんに抱きつかれて、心乱れまくり

道端でにゃんこさんに出会うと、ニャ、と言ってみます。
反応して、ニャ、と返してくれるコや、瞳をじーっと見つめ返してくれるコは、人見知りしないタイプで遊んでくれることが多いです。
次は、人差し指でご挨拶。
人差し指を差し出すと、ニオイを嗅ぐかスリスリしてくれます。
にゃんこさん同士だと、お互いに鼻を近づけて嗅ぎ嗅ぎのご挨拶をしたりするので、その代わり。
ここまでくれば、たいがいのにゃんこさんは、もっとスリスリして欲しい仕草や、お尻を見せてお尻でスリスリとか、甘え行動に入ります。
ここまで関係ができれは、地面の上に横たわってお腹を出してくる大胆な甘えん坊さんもいます。


ところが、先日会ったコは、人差し指挨拶無しでした。
ニャ、のあとは、迷うこと無くまっすぐ私のほうへ向かってきたのです。


しゃがみこんだ私の太ももに、柔らかな肉球を乗せてきたのです。
で、私に向かってジャンプ。
私の左肩に、両手でしがみついて、そのもふもふな頭をピタッと密着。
密着と同時に、聞こえてくるゴロゴロ。
私は反射的に、そのコのお尻を抱えるように抱き返しました。
途切れること無いゴロゴロと、その柔かくてしなやかなもふもふ。
にゃんこって、こんなに温かくて、優しくて、幸せにしてくれるんだ。


ぷうが先に旅に出てしまって、にゃんこさんのいない生活になって、にゃんこさんの偉大さがよく分かるようになりました。
でも、住宅地で知らないにゃんこさんと熱い抱擁を交わしていたら、猫泥棒と間違えられそうなんですけど。
もし、このコのご家族の方に見られたら、ちょっと恥ずかしい。
会ってすぐに、何の交流もなく抱擁というのは、道端で出会うにゃんこさんとの交流パターンとしては、希有なんです。
余程、にゃんこに飢えているように見えたのでしょか。
それとも、そのにゃんこさんにも最近なにか不幸なことがあったのでしょうか。
嬉し過ぎて、涙が出そうになった、突然の優しいハグでした。


やっぱり、にゃんこさんと一緒に暮らしたい。
でも、いろいろ事情があって(連れに問題が多いのよ〜、そうなのよ〜、やっぱり生活習慣病を抱えて私に迷惑かけても改善しようって気にならないってことは、責任感と罪悪感の欠如なのよ〜)とてもとても、責任をもってにゃんこさんを幸せに出来る自信がないです。


ぷう、いつか会いに行くからね。待っててね。
2015 pu




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

初にゃんこは、三本足の女の子

2017年の初もふもふはわんこさんでした。
新年はじまって、2週間ももふられてくれるにゃんこさんとは出会わず。
長いですね、2週間も猫さんとふれ合いがなかったなんて。


ようやく会えたフレンドリーなにゃんこさんは、白黒の猫さんで、左あんよのない子でした。
もふってくれるにゃんこさんは、目が合うと必ずのように「にゃー」って言ってくれますね。
(人間嫌いの子は、まず目が会う前に逃げる。目が合っても、そそくさと逃げる)
そして、むっちりむちむちの健康体。
遊んでくれて、ありがとー。
また会おうね〜


ぷうが旅立ってから、もう半年近くたつんですね。
2013 ぷう
いつでももふもふできるって、すごく素敵ですごく幸せなことでした。



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村