にゃんこさんに抱きつかれて、心乱れまくり

道端でにゃんこさんに出会うと、ニャ、と言ってみます。
反応して、ニャ、と返してくれるコや、瞳をじーっと見つめ返してくれるコは、人見知りしないタイプで遊んでくれることが多いです。
次は、人差し指でご挨拶。
人差し指を差し出すと、ニオイを嗅ぐかスリスリしてくれます。
にゃんこさん同士だと、お互いに鼻を近づけて嗅ぎ嗅ぎのご挨拶をしたりするので、その代わり。
ここまでくれば、たいがいのにゃんこさんは、もっとスリスリして欲しい仕草や、お尻を見せてお尻でスリスリとか、甘え行動に入ります。
ここまで関係ができれは、地面の上に横たわってお腹を出してくる大胆な甘えん坊さんもいます。


ところが、先日会ったコは、人差し指挨拶無しでした。
ニャ、のあとは、迷うこと無くまっすぐ私のほうへ向かってきたのです。


しゃがみこんだ私の太ももに、柔らかな肉球を乗せてきたのです。
で、私に向かってジャンプ。
私の左肩に、両手でしがみついて、そのもふもふな頭をピタッと密着。
密着と同時に、聞こえてくるゴロゴロ。
私は反射的に、そのコのお尻を抱えるように抱き返しました。
途切れること無いゴロゴロと、その柔かくてしなやかなもふもふ。
にゃんこって、こんなに温かくて、優しくて、幸せにしてくれるんだ。


ぷうが先に旅に出てしまって、にゃんこさんのいない生活になって、にゃんこさんの偉大さがよく分かるようになりました。
でも、住宅地で知らないにゃんこさんと熱い抱擁を交わしていたら、猫泥棒と間違えられそうなんですけど。
もし、このコのご家族の方に見られたら、ちょっと恥ずかしい。
会ってすぐに、何の交流もなく抱擁というのは、道端で出会うにゃんこさんとの交流パターンとしては、希有なんです。
余程、にゃんこに飢えているように見えたのでしょか。
それとも、そのにゃんこさんにも最近なにか不幸なことがあったのでしょうか。
嬉し過ぎて、涙が出そうになった、突然の優しいハグでした。


やっぱり、にゃんこさんと一緒に暮らしたい。
でも、いろいろ事情があって(連れに問題が多いのよ〜、そうなのよ〜、やっぱり生活習慣病を抱えて私に迷惑かけても改善しようって気にならないってことは、責任感と罪悪感の欠如なのよ〜)とてもとても、責任をもってにゃんこさんを幸せに出来る自信がないです。


ぷう、いつか会いに行くからね。待っててね。
2015 pu




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

初にゃんこは、三本足の女の子

2017年の初もふもふはわんこさんでした。
新年はじまって、2週間ももふられてくれるにゃんこさんとは出会わず。
長いですね、2週間も猫さんとふれ合いがなかったなんて。


ようやく会えたフレンドリーなにゃんこさんは、白黒の猫さんで、左あんよのない子でした。
もふってくれるにゃんこさんは、目が合うと必ずのように「にゃー」って言ってくれますね。
(人間嫌いの子は、まず目が会う前に逃げる。目が合っても、そそくさと逃げる)
そして、むっちりむちむちの健康体。
遊んでくれて、ありがとー。
また会おうね〜


ぷうが旅立ってから、もう半年近くたつんですね。
2013 ぷう
いつでももふもふできるって、すごく素敵ですごく幸せなことでした。



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

初もふもふ

公園でジョギング中(新年なので、なんとかガンバりました)、しゃがんで靴ひもを結び直していたら、後ろから柔らかくどーん、されました。
散歩中のわんこさんでした。
(わんこさんの種類がよく分からないのでネットで調べてみました。多分、アイリッシュ・テリアとか、そんな感じの子です)
元気いっぱいで、人なつこくて、かわゆい子でした。
でも、すぐに飼い主のところに走って戻って行っちゃいました。


日本→英国と、20年くらいもふもふな生活をにゃんこさんと送ってきました。
この新年、愛猫のぷうがいなくなって、初日の出や初夢があるように、『初もふもふ』もあることに気がつきました。
初もふもふは、わんこさん。
最近、めっきり寒くなってしまって、パトロールしたり塀の上でぼーっとしているにゃんこさんの姿を滅多に見ていません。
2015 
もふもふは、幸せの代名詞。
今年はよいことありますように。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

猫依存

最近寒くなってきたのか、雨がよく降るためか、面倒になって寄り道をしないためか、すっかり出不精で週一回くらいのぐうたらジョギングも停止しているためか(永久中止の予感?)、にゃんこさんとの出会いありません。
見かけても、他所の人苦手なにゃんこさんで、遊んでくれませんでした。
一ヶ月くらい、もふもふしてもらっていません。


禁断症状。
にゃんこ中毒。
辛いです。


2016 そとのにゃんこさん
運河(ちょっとした小川って感じかな?)の対岸で見かけたにゃんこさん。
ふれ合えないなんて。
嗚呼。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

クロネコちゃんの記憶力

ぷうが旅立って、五日後にはじめてにゃんこさんと触れ合いました。
にゃんこさんのぬくもりを求めて、ちょっと暗くなってから近所の散歩に行った時に、おメメがまん丸のクロネコちゃんに出会いました。
ニャーと、可愛い声でなく、人なつこくてフレンドリーなクロネコちゃん。
お腹撫で撫でさせてくれたクロネコちゃん。
クロネコちゃんのテリトリーに夕方行くと、五分くらいの高い確率で会えるので、猫肌恋しい時はそのクロネコちゃんを求めてお散歩しました。


ところが、3週間前に会ったとき、事故がおこりました。
クロネコちゃんが地面にスリスリしてお腹もふもふをねだってきました。
バッグを左肩にかけたまましゃがもうとして、バランスを崩しました。
(バッグをかけるのは、右肩が多いので)
そして、運悪く、左手がクロネコちゃんの背中を直撃。
攻撃されたと思ったクロネコちゃんは、走って逃げて行ってしまいました。


申し訳なくて、謝りたいと思っていました。
仲良くしてくれたクロネコちゃんと、このまま別れるのはしのびないです。
昨夜、クロネコちゃんに会いに行ってみました。
そうしたら、地面スリスリして、私を迎え入れてくれました。
でも、ちょっと距離が。
歩み寄ってみると、逃げる気配はなし。
ちゃんと触らせてくれます。
撫で撫でオーケーです。
でも、思い出したように「シャーッ」って、威嚇。
また移動して地面に寝そべって、私が追いかけて撫で撫でして、途中で立ち上がって「シャーッ」。


覚えてる。
クロネコちゃん、私のこと、ちゃんと覚えています。
撫で撫でとシャーッを五回くらい繰り返し、立ち去ろうとしたら、今度は靴に向かってアタック。
ものすごいツンデレ攻撃に、クロネコちゃんの中の葛藤を感じました。
きちんと、覚えていてくれているものですね、猫さんって。
何度か遊んでくれたオバサンだけど、この間突然背中ぶん殴ってきて、でもいいオバサンだった記憶があるからまた遊びたいけど、またぶん殴られるの嫌だから、ちゃんと威嚇しなくちゃ。
信じていいのかいけないのか、分かんないんだもん、このオバサン。
そんなふうに、クロネコちゃんは私のことを思っているのかな。


これからも時々もふもふしにいきます。
いつかまた、クロネコちゃんが心を許してくれるまで。
驚かせて、本当に本当にごめんなさい。


2015 はらだしぷ
ぷうのお腹、もふもふして幸せいっぱいもらっていました。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR