英国の2018年、どうなる?



先週、The City(ロンドンの金融街)とか Shireditch(飲食店も多くあるロンドンのオシャレなエリア。夜と週末はお上りさんで溢れる)とか、ロンドンの東あたりにでかける用事がありました。
金融街、まだまだ建設中の高層ビルがあるのです。
英国のEU離脱のため、各国の大手銀行等、すでにヨーロッパ本部を他の国に移転させる予定を明らかにしているところもあります。
そうなると、ロンドンの金融街とかさびしくなってしまって、現在建設中のオフィスビルとかテナントが集まらないとかいうことにはならないのでしょうか。


多くの大手金融関係の会社がヨーロッパ本部を移動してしまえば(もちろん英国支部は残すだろうけど、オフィスの規模は小さくなるだろうから)、雇用が減り通勤する人が減れば、金融街にある他の関連企業やサービス業も規模を縮小したり最悪の場合は閉業という可能性もあるのでしょうね。
コンピューター関連の会社も、文房具屋も、コーヒー屋も、スーツの仕立て屋も、アウトドアショップ(金融街で働いているようなインテリで稼ぎのいい人は、アウトドアスポーツ何故か好きだから結構専門店があったりする)も、カップケーキ屋も、経営が苦しくなる可能性もあるのかな。


2016年、トランプが大統領に選ばれるということを大胆にも予測した、当たると評判のみずほ総研のとんでも予想2018年の予想を見てみました。


2017年予想では『英国で議会のEU離脱通告否決を受けた解散・総選挙の末、Brexit(EU離脱)撤退へ』と、EU離脱は外したものの、解散総選挙は大当たり。
2018年も、再び『EUとの交渉が難航するなか、テレーザ・メイ首相が退陣。英国世論が変化して二度目の国民投票が実施され、離脱撤退へ』と、強く確固に、英国がEUを離脱しない(或は出来ない?)予想です。
メイ退陣はあり得るとは思うのですが、もう一度選挙になって野党の労働党が与党になるにしても、そう簡単にはいかないのではないでしょうか。


第一野党である労働党の党首、コービンが実は離脱派。
労働党の殆どの議員と、労働党の支持者の多くがEU残留派なのに。
ロンドンは、EUでは残留組、一番人気の支持政党は労働党、でもコービンは大人気。
今年の解散総選挙、あと一週間の時間があったら、多分労働党が勝利していたでしょう(それから、総選挙直後に貧困層や移民の多く住む公営の高層団地の大火災が発生。こういった事故は、弱者に優しく平等主義を掲げる左派やリベラル側に、つまり労働党に有利に働いたはず)。
総選挙以後の世論調査では、ほとんどの結果、労働党のほうが現与党である保守党より高い支持率を得ています。
つまり、保守党の現メイ政権は薄氷の勝利を得たわけで、この政権が長く続く方が、不思議。


ただ、国民投票、しても大丈夫なのでしょうか。
やはり、EU離脱強硬派というものが多くいまして、彼らが心変わりしていない可能性も大。
国民投票は、もうして欲しくないというのが本音。
国民がまっ二つに割れて、フェイスブックとかもその仲間でつるむからお互いの意見なんて聞く訳ないし、新聞によって偏りまくりだし、残留派のなかには離脱派は人種差別だとか学歴が低いとか罵り出したり、離脱派の一部は外国人への罵詈雑言。
きちんとした議論や事実関係を解説したテレビ番組等がなかなか出てこないから、感情だけで皆突っ走るって感じ。
そして、どっちが勝っても、遺恨が残るんです。


とりあえず、メイ首相退陣は、可能性高いと、見ております。
ただ、その後誰が首相になっても、どの党が政権を取っても、更に混乱して状況は悪くなる可能性も高いかも。
(2018年にEU離脱撤回があるとしても、時既に遅し、かも。多くの大会社が移転中或は計画中、そして英国は国際的に失墜した威厳と信頼を回復することなんて、出来るのでしょうか)


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

EU離脱、どうなっちゃうの?

去年の国民投票でEU離脱を決めてしまって以来、国をあげてのすったもんだが十八番になってしまった、国内外に迷惑かけっぱなしの英国。
またしても楽しいニュースが舞い込んできました。
メイ首相に打撃 英下院、EU離脱合意の議会承認を義務化



英国下院で、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる法案について、離脱条件をめぐる合意は議会から最終承認を得る必要があると定めた修正案が、可決されてしまったのです。
離脱への道は長いですねー。
というのか、ホントに離脱出来るの?
(まず2年という期限では無理だということは、これでほぼ確実)
「やっぱり離脱やめるね♡」とか、EU側にいつか言い出しそう。
メイ首相にとっては、またしてもの痛手。
(6月に解散選挙して、議席大きく減らして過半数に届かなかった与党の保守党。それでもメイ首相、辞任せず)
与党である保守党から11人、造反者が。
とはいえ、第一野党の労働党からも、二人が造反してます(なんでなんだ〜? 保守党の造反者は、政治生命を絶たれることを覚悟した上での勇気と政治理念の現れだけど、野党の造反の意味が分からない)。


EU離脱関連のニュース、あんまり追って無いんです。
面倒くさい問題、ややこしい問題、さっぱりわからない問題ばかりで、私の頭ではついていけないので。
それに付け加えて、ニュースで語られる英国内での議論や見解なんて、本当にどれだけ現実的なのか有効性があるのかも分からず、議会でガンバって決めたことでもEU側のお偉いさんに失笑されたらそれでおしまい、振り出しに戻る、みたいなものなのでしょ?


迂闊に国民投票なんてしてはいけない、という良いお手本ですよね〜
国論は二つに分かれ、国民は反目し合い、お互いを罵り合う。
離脱するのに、どれだけの時間とお金が費やされるのでしょうか。
それに見合うだけの利益を英国民が実感できるようになるまで、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。
(勿論、離脱によって得られる利点がほぼ無い、という可能性も)
う〜ん。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

最近の英国国会、セクハラ疑惑で大荒れです



なんだか最近、ニュースを観たり聞いたりするのがすごく億劫。


この数週間、ハリウッド界の大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインの性的虐待やセクハラが英国でも大きなニュースになっていました。
英国からはハリウッドで成功している女優さんも多いし、ハリウッド関係者が英国に仕事に来ることも多い。
英国内で、英国の女優さんが被害者となった性的暴行等の事件も幾つかあり、こちらでは警察も動く模様。
(米国人俳優ケヴィン・スペイシーも英国で性的暴行等の疑惑があり、これも警察が捜査に動いているそうです)


で、今週は性的暴力事件が、ハリウッドからウエストミンスターへ。
ここで言う『ウエストミンスター』とは、議会のことです。
つまり、国会議員の事件が大きなニュースになっている。
そのひとつが、保守党のMichael Fallon議員の辞職。
1983年から下院議員として活躍、国防大臣まで務めたベテラン議員でした。
Michael Fallon quits as defence secretary, saying his behaviour has 'fallen short'


その他のセクハラ/性的暴力事件もあがっています。
保守党だけでなく、労働党も。
最近、そんなニュースばかり。
(有名人ではないので大きなニュースにはなっていませんが、アメリカではミュージシャンの性的暴力事件も問題に。私が知っているだけでも三件)


なんだかねー、さみしい。
結局、こんなものなんだね。


国籍も、職業も、文化も、宗教も、政治的理念も、関係ないよね。
古今東西、どこにでも、こういった犯罪をする男性はいる。


だからそろそろやめましょーよー、外国人男性への無意味な憧れ。
『英国紳士』とかいうバカバカしい言い回しをして、まるで英国人男性全てがハンサムで金持って知的で教養があって素晴らしいかのような印象操作するの、やめましょーよー。
日本人男性全員を『日本武士』とか表現して、ストイックで真摯で文武に長けて国民のために無心に尽力する、と言うのと同じくらい笑っちゃうことです。
どうしょうもない英国男性、本当にいっぱいいますよ。
マトモな男性のほうが少ないくらいですよ。


関連ニュース→
英議員、女性秘書に性具買わせる 首相がルール厳格化要請
イギリス労働党内でレイプされた女性が、6年越しに声をあげた 「黙っておけ」と言われたけど…



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

英国という国が、漂流しているような気がする

最近の英国のダメダメっぷりといったら、前代未聞。


三ヶ月という短期間で、三件もの大規模なテロ事件が起きました。
ウエストミンスターのテロはガードレールがあればある程度防げるものだったし、マンチェスターとロンドン橋のテロは犯人をきちんと監視していれば発生していなかったかも知れない。
(ウェストミンスターの犯人は、暴力的な人物で犯罪歴があり刑務所に入っていたこともあった、しかし、いつどのように過激な思想に触れたのかは不明。しかも、50代。多くのテロリストは比較的若いので、監視の対象になりにくかったのは容易に想像できる。が、マンチェスターのテロの犯人は、彼の発言に不安になった人が警察に連絡している。ロンドン橋のテロの実行犯の一人は、過激な原理主義を扱うドキュメンタリーテレビ番組の出演していたほど。それから、イタリア人の犯人はシリアに渡航しようとしたことから、要危険人物としてイタリアから通告が世界に発信されていた。それなのに英国に入国していたのは、どうしてなのか)


そして、解散総選挙の結果が、英国の将来をますます不透明なものにしてしまいました。
過半数に達しなかった保守党。
EU離脱の交渉が難航するのは必至。
総選挙後の世論調査では、労働党より保守党のほうが6ポイントも高いという結果がでました。
Labour take five-point lead over Tories in latest poll
(記事によると、労働党45パーセント、保守党39パーセントだから違いは6パーセントなのに、何故か見出しでは『5ポイント』だったりする、計算ができないのかご乱心しているのか、伝統的で信頼できる筈の保守系の新聞、テレグラフより)
国民の多くが、メイ首相率いる保守党に対し反発するのも必至。


そして、西ロンドンで起きた高層住宅での大火災。
まさか高層の建築物が、外壁も内部でもろうそくのように激しく燃えるなんて。
1974年に建設されたとしても、あれだけ可燃性の高い素材を使用して、それ以後誰も安全面や耐久性に関して補強作業どころか、検査さえ全くなかったのでしょうか。


斜陽の大英帝国。
傾き過ぎて、どうなっているのかさえ、もう分からない。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

総選挙後、混乱を極める英国と猫のラリーさん

総選挙が終わって、ますますカオスになった英国。
『訳のわからないことをやって自国も世界も混乱に陥れている面倒くさい国ランキング2017』とかあったら、英国は確実にトップ5に入る勢いです。
メイ首相、議席をもっと伸ばしてEU離脱の交渉を楽にするつもりで解散総選挙したのに、過半数さえ割っちゃって大失態するんだから、お茶目過ぎます。
EU離脱云々の前に、政権維持できるの〜?
もう笑うしか無いでしょう、コレ。


朝、ジャーナリストが首相官邸前に大集合しました。
総選挙の結果を受けて不安と緊張が覆う英国で、メイ首相が責任をとって辞任する意思があるのか、彼女の公式の見解を待っていました。
ところが、メイ首相は現れず、猫のラリーさんが重厚な黒塗りのドアから登場しました。
(ラリーさんとは、英国の首相官邸、ダウニング・ストリート10番地に在住する『首相官邸ネズミ捕獲長』の」肩書きを持ったにゃんこさんです → 『首相官邸ネズミ捕獲長』という肩書きを持った、猫のラリーさん
ラリーさんこそが、首相官邸の真の主ですからね。
やはり国が混乱に陥った時こそ、その御姿を世に現して存在を知らしめ、国民の心を慰められるのでしょう。



とりあえず、おおかたの世論調査は、やっぱりアテにならないことが判明しました。
世論調査を実施している会社のうち、議席数に関してはたった一社だけが保守党が過半数に達しないと予測しておりました。
YouGovという機関。
ここの独自で行った方法 Multi-level Regression and Post-stratification (MRP) model(統計学とかさっぱワカラナイ〜、何これ〜)による政党支持率が総選挙の結果に近いので、今後はこの会社の調査結果の期待です。
あと、政党支持率の世論調査で信頼できそうな機関は、SurvationとSurveyMonkeyかな。
2015年の総選挙も、今回も、かなりいい予測をしていました。


多分、近いうちにまた総選挙しそうです。
メイ首相の新政権が安定するなんて、誰も想像できないから。
次の総選挙の時、またまたまた多くの世論調査が外れまくったら、また仕方なく笑うしか無いよねー。
ホント、どうしようもないなー。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村