FC2ブログ

『オックスフォード大卒』と、聞かれもしないのに言ってきた英国人男性



このあいだ、録画しておいた英国映画 The Riot Club(2014)を観ました。
オックスフォード大学に通う、裕福で格式のある家庭出身のエリート中のエリートの学生達による社交クラブのメンバー達による、エリートらしからぬ洗練さや責任を欠いた言動や行動を茶化したような物語でした。
ま〜、事実のところはどうなんでしょうかね。



それよりも、それを観ていてふと思い出してしまいました。
数年前、日本へ帰国した時に飛行機のなかでちょっと話した英国人男性のことを。


年の頃は、30くらい。
背格好も、顔も、そんなに悪くはないけれどべつに良くもなく、何よりもまったく印象に残らない、ザ・アベレージ君といったところ
お住まいはどこですか〜ええロンドンで〜、とか、とりとめのないことを話していたのですが、何の弾みか、会話の流れに全く関係ないところで。
「オックスフォードを卒業しているんですけどね」
ああ、何このいきなり自慢。
しかし、それが面白そうだと思ってついノってあげてしまう私。
「そうなんですか。専門は何ですか?」
そして、それにひっかかる『自称オックスフォード大卒』の英国人男性。
とある理系エンジニアを学んだと言いました、しかも博士号持ち、それもオックスフォード大で取得だそうです。
それで、エコノミークラスに乗っているだけでも、かなりアヤシいですけどね、それに気付かないのでしょうか。
「まあ、それはスゴイですね〜、で、お仕事は?」
「あ、コンピューターです」


は? オックスフォードでかなり高度なエンジニア系の博士号まで取ってそれでコンピューターって、ありえないでしょ?
民間のみならず、公の機関でも、研究所でも大学でも、軍事産業でも、英国だけでなく世界中から引く手あまたでしょ?
確かに、英国でエンジニアを大学院まで学んでも、実際はそんなに仕事がなかったり専門過ぎてなかなか希望の仕事につけないということを聞いたことがあります。
でも、この人の場合は、仕事がありそうな専門分野なんですよね。
かなりアヤシい。


で、この『自称オックスフォード卒』によりますと、オックスフォードで出会った日本人の彼女がいるそうです。
彼女は文系でやはり博士号をオックスフォードで取得して、現在は香港の大学で働いているとか。
その彼女は関西出身、そして日本にいない、それなのに何故に羽田に向かうのか。
かなりアヤシい。


その彼女は何が専門なのか、聞いてみました。
理系やエンジニア系は、結構嘘がどうか判断しずらいのですが、文系ならもっと簡単だもんね〜、と思って。
そうしたら、文学らしい。
どの専門の文学かと聞いたら、
「英文学ですね」
と。
普通、博士号までいったらもっと専門分野細かくなるんじゃないの?
そんな大雑把な括りでは、普通言わないでしょ。
と、疑問に思っていたら、
「それと、中国文学も」


は?
博士号とか、大学院の前に、大学の専攻でそこ、普通、割れるでしょ。


すごいな〜、アヤシいよ〜、アヤシさ満点だよこの『自称オックスフォード大卒』。
オックスフォードの博士号はまず信じられないにしても、オックスフォード大学に行ったのはまず、嘘でしょうね。
それどころか、大学行ってないかも。
ここまでくると、もうあそんであげたくなりました。
とことん、つきあってあげたいのもやまやまですが、ちょっとはお灸をすえないと、と思いました。
学歴詐称して日本人女性を騙しまくっている可能性もありますからね。


そーいうわけで、かわらぬつくり笑顔を保ったまま、この『自称オックスフォード大卒』に聞きました。
「失礼な質問だったら申し訳ないんですけど、実家とかはやはりアッパーミドルでしょうか?」
(英国の階級社会について興味の或る方は、過去のブログ等参考にしてください → 英国紳士という幻想について(1) まずは『紳士』という定義
と、ぶっこんでみました。
「実は、私の英国人の連れの知り合いにオックスフォード卒の人がいるのですが、彼は典型的なアッパーミドルの出身で、XXXカレッジの出身なんです。そして、彼の実家は家の前に噴水があるような立派な邸宅だったとか」
やっぱり。
この『自称オックスフォード大卒』、口ごもりましたね。
「いや〜、僕はそんなんじゃないけど〜云々」
その後、明らかに会話を続けたくないような感じだったので、適当なところで自分の席に戻りました。
普通はね〜、労働者階級出身でオックスフォード大学にいったら、それでいいのですよ。
英国人の労働者階級出身は、それを誇りにしているのだから。
普通、労働者階級から良い大学を出たり成功した人間は、自分のバックグラウンドを自慢にするものなのに。
アヤシい、というか、もう病的な嘘。


実はこのオックスフォード大卒の知り合いの話は、信じられないことに事実でして、連れは大学もいっていないしがない労働者階級出身なのですが、趣味の関係で若い時にこの本物のオックスフォード大卒の人を紹介されたそうです。
その方は、絵に書いたようなアッパーミドル出身で、映画にでてきそうな広大な土地なかにぽつんと建てられた噴水があるお屋敷が実家で、政治家や学者を大量に産み出した某パブリック・スクールに在籍して、オックスフォード大学のなかでも中世から存在する、やはり有名人を何世紀にもわたって送り出した由緒ある超エリートな某カレッジを卒業した人。
ま〜、趣味が高じて『下々の者』達と関わり合いになってしまうほどですから、エリートな生き方や人間関係に背を向けてしまったようです。


こういう虚栄心の強い嘘つきの英国人男性は、よくないです。
中身からっぽ。
大学に名前も、学歴も、人間性に関係ないでしょ。
こんな男に騙される女性がいないことを祈るのみです。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

猫の名前は、『ネコ』



連れの友達の英国人のおっさん、羨ましいことににゃんこさんと一緒に暮らしているそうです。
そして、そのにゃんこさんのお名前は、Neko。
娘さんが日本のアニメ(ジブリとかデス・ノートとか、いろいろ)にハマっているそうで、それでにゃんこさんの名前が『ネコ』さんになったそうです。


笑うに、笑えない。
ただ、思い出したのは、『エキセントリック少年ボウイ』。
(もう二十年以上前のネタだわ〜)



少年ボーイとか、犬ドッグとか、鳥バードとか。
猫にネコって名前つけるって、日本語母国語的には、猫キャットですからね〜。
これでは、ホントに『イヌ』と名付けられた犬、英国にはいらっしゃるかも知れません。


今度にゃんこさんを里子に迎えることがあったら、名前は『キャット』にしようかな、なんて阿呆なことを考えてしまいました。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ここだけのハナシだけど(between you and me)と、ぶちこんできた英国人男性

うちの連れとパブに行ったら、知り合いの仕事仲間という方に声をかけられました。
白人系の英国人おっさんで(おっさんの知り合いも友達も仕事関係の人も、その彼らの友達も知り合いも仕事仲間もおっさんほとんどおっさんです)、その方いわく「数ヶ月前に遭ったよね」、とのこと。
連れは記憶力がよくないので、思い出せないらしく、適当にハナシを合わせているようでした(ま、紹介されるのがおっさんばかりなので、全部覚えられるほうが奇跡かとと思います)。


で、この『よく知らない』おっさん、実はうちと連れと共通の知り合いが多いらしい。
俺はあそこに仕事で行って、この間あの人に会って、こんなことを話して、とか、話し始める。
自己紹介とか仕事の説明より、単に共通の知り合いの話し。
うちの連れは、ほおっておくと自分の『つまんない』ハナシばかり延々と続けるタイプ(絶対、一部から好かれていない)。
そのうちの連れが、喋るヒマを与えられないほど、このおっさんは喋りまくる。


「ところでさ、ここだけのハナシなんだけど(between you and me)」
と、いろいろゴシップネタを持ってくる。


耳をダンボにしてこのおっさんの『ゴシップ談』を聞いていたんだけど、よく考えてみると、ほぼ全て連れを私が『憶測』で話していたゴシップと同じ内容。
例えば、共通の知り合いの某おっさんは、メンタルも体調も悪そうで、それは誰が見ても分かる。
共通の知り合いの別の某おっさんは、仕事できつい扱いを他の人にしていることは、誰が見ても分かる(でも、仕方ない面もあると思うのよ、小さい会社が会社を守る為に人を切って行くというのは)。


私から見ると、うっとうしくて馴れ馴れしいおっさん。
たいして知りもしない人に対して、いきなり『ここだけのハナシだけど(between you and me)』とぶっこんでくる時点で、私の中ではこいつは要注意人物だな、とおもいました。
しかも、「いや〜、俺は彼のこと大好きだけどさ〜」みたいな物言いさえする。
後々、別な共通の知り合いに、『ここだけのハナシだけど(between you and me)』と、うちの連れのことあれこれあることないことゴシップするんでしょうね。
ゴシップ好きのオバサンさえ、こんなおしゃべりでゴシップ好きの英国人男性にはドン引きするかも知れませんね。
あることないこと喋りまくって、仕事関係者の人間関係、ぶち壊しかねない。


どこにでもいるんですね、こんな人。
それにしても、ゴシップ好きの人って、何故に人の顔覚えるのが得意なんでしょう?
できればもう、関わりたくない。
多分、この人と関わりたくない人、いっぱいいるだろうな。
ただ、シャイな人とかどうしてもこういうタイプに押されちゃうだろうし、仕事のこともあるから、無下に扱えないんだろうな。
あ〜ぁ。


こんなおっさんもいるのに、一部の日本人女性は、『英国人男性』というだけで幻想を抱けるのでしょうか?



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村








英国人の糖尿病に対する考え方が、さっぱり分からない件



このあいだ、英国人の連れの大昔の知り合いという方に会いました。
白人系英国人の、中高年のおっさん。
よくまるまると太った方でした。
うちの連れもそうだからねー。
二人並ぶと、同じように太っていて、腹でまくって、なんだか笑える。


で、その方がパブのカウンターからコカコーラを買って、席に戻ってきました。
「糖尿だから、ノンシュガーのコーラがよかったんだけど、ここでは売ってないんだって。缶コーラって、これで砂糖の量はスプーン20杯くらいだっけ」


だったら、買わなきゃいいのに。


というか、英国で2型糖尿病にかかっている人って、こういうタイプ多いのでしょうか。
連れも、実はその前に、その知り合いの方がどっか行っている時にバーで普通の砂糖いっぱいのコーラ買ってきていたのです。
ノンシュガーを販売してないからって。
炭酸水とか、水とか、トマトジュースとか、そういった代案、無し。
行動が、おんなじ。


この知り合いのおっさん、他の同行者を待っている最中に、さり気なく大胆にもチョコレートバーのでかいヤツを頬張っていたのですよ。
マーズ・バーみたいなヤツ。
カロリーが300越える、砂糖まみれの甘ったるいチョコバーを。
多分、砂糖がスプーン20杯くらい使われているチョコバーを。
それで、コーラの砂糖だけ気にしてしまう。
でも、炭酸水とかは欲しくなくて、やっぱりコーラとか、もう何を考えているのか、サッパリ分かりません。
体型だけでなく、糖尿病に対する危機感とか壊れているところとか、うちの連れに似てるので、なんとなく気持ち悪くなりました。
ま、二人ともアルコールは口にしないタイプらしいので、それだけは、褒めてあげてもいいのかも知れませんが。


5年くらい前にきっぱり禁煙してから、連れはぶくぶく太り出し、3年前にめでたく(?)糖尿病となりました。
軽症レベルなので、ちょっとダイエットすればかなり改善するのになー。
ホントに、ちょっとはこっちの身になって考えてよ。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

英国人化した自分



日本の皆様にこんなことを言うのはとてもとても気がひけるのですが、この夏のロンドンは


あっつい


です。
今日の予想最高気温は31℃くらい。
名古屋では食堂のショーウィンドウのサンプルが解けているほどの酷暑だというのに、ポルトガルやスペインでは48℃とか想像出来ないレベルの気温を記録したというのに、このくらいの温度で文句言って本当に申し訳ないです。


ただ、問題なのは、ロンドンしにては暑過ぎる夏なのではなく、雨がほぼ降ってくれないこと。
公園とか、散歩とか、避けてます。
公園の芝生、枯れきっているところが殆どですから。
心理的にきついんです、そんな光景を目の当たりにするのが。
公園でワイルドに生きているリスさんやキツネさんやハリネズミさん達のことを思うと、心が傷むし。
(ミミズさんとかなめくじさんも、ちょっとだけ思い遣りましょう)
その枯れきった公園でくつろいだり遊べる英国人が、ほぼサイコパスに見えてしまって。
荒れ地やらその辺でたくましく生息可能な植物、ブラックベリーの実りの季節ですが、今年は雨不足のためか地面が割れるほど渇ききっているので、全体的に小ぶりの出来のようです。
農家では、雨不足で草が育たないので、冬用の枯れ草を牛さんの食料にしているところもあるとか。
採算が取れなくて、不本意ながら牛さんをドナドナしなくてはならない農家さんもあるそうです。
(今はまだ影響してませんが、そのうち牛乳とかチーズとか肉とか、値段あがるのかな)


それよりも、この暑さで気付いたこと。


熱い紅茶が手放せません。


このくっそ暑いなか、紅茶を淹れ続けておりました。
疑問にも思わず。
さり気なく、英国人化している自分に、愕然としました。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村