愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

ブリテッシュエアウェイズは、やっぱり二度と乗らない

英国を代表する航空会社、ブリテッシュエアウェイズ(大英航空)が、大変なことをしでかしてくれました。
英ブリティッシュ・エアウェイズ運航再開 影響は継続、復旧急ぐ
コンピューターの障害のために、27日にはヒースローとガトウィック空港からの出発をキャンセルという異常事態が発生しました。
27日は土曜日、週明けの月曜日が祝日なので三連休でもあったので、ホリデーや家族に会うために飛行機を予約していた方も多かったと思います。
こんなにも簡素な理由で、世界に名だたる航空会社が全便をキャンセルしてしまった事件に、思わず不謹慎ながら笑ってしまいました。


過去にこんなことがありました。
ブリテッシュエアウェイズの思い出
多分ファーストやビジネスクラスのサービスはよろしいのかと思いますが、エコノミーでは最悪の体験をしました。
着陸が見事なまでに失敗、あるいは技術不足だったために、乗客から私を含めて悲鳴がおきたほどのひどい揺れだったのに、説明と謝罪なし。
元ソビエト連邦とか言われた国の航空会社のほうが、はるかに安全でした。
というか、こんな着陸、体験したことない。
パイロットの皆さん、なかには元軍隊だったり、しっかりした訓練受けて経験積んでいる方が多いんだから、こんなことはありえるわかはない。
でも、それが起こったのがブリテッシュエアウェイズでした。


今回は、コンピューターの故障か何がが原因の混乱です。
でも、全世界見渡して、どの大手でも格安航空会社でも、パリでもカイロでも出雲の空港でも、コンピューター使っていてそこまで大きな損害を出すような故障を起こしたことは無いでしょう。


なんなの、この英国って国を背負っているこのブリテッシュエアウェイズという会社は。
英国の会社、ヴァージンアトランティックは、サービスもよく、ロンドン発の食事はまずかったりするけど、乗務員の態度もよく、エンターテイメントのサービスも充実していて、とても好きだったのに。
90年代の時、はじめてヴァージンに乗ったとき、日本人男性の客室乗務員がいました。
男性の客室乗務員は、欧州の航空会社では多くいるのに日本人では見たのが初めてで、嬉しかったです。
しかも、英国人の同僚と仲良くジョークかましていて、なんだかほんわかした気持ちにさせてくれました。
そのヴァージンは、もう日本には飛んでくれない(涙)。


文句言いながらも同じ会社やサービスを使用し続ける英国人が多いのですが、今回評判を落としたブリテッシュエアウェイズもすぐに英国人の客が戻ってくるのででょうか。
(私は、ブリテッシュエアウェイズは金輪際御免です)


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

ヨーロッパに、羨望

やっぱりヨーロッパっていいよな〜
先週土曜日に生放送していたユーロビジョン・ソング・コンテストを観ていてつくづく思ってしまいました。


このユーロビジョン・ソング・コンテストというのは、1956年から始まったヨーロッパ各国による歌の祭典で、年一回開催されています。
ヨーロッパというわりにはイスラエルもいるし、サッカーではアジアではなくヨーロッパに属するトルコも違和感なく参加してるし、冷戦後は東欧諸国が次から次へと加わって、いつの間にか太平洋にあるオーストラリアまでちゃっかり当たり前のように歌手を送り出しているという、謎多き歌のお祭りです。
前年の優勝国が開催地となるのが定例で、今年はウクライナだったので、案の定、ロシアが出場しませんでした。


過去には、有名歌手が出演して真の意味で欧州におけるポップミュージックの祭典だったようです。
が、それもかなり前の話。
大抵のファンにとっては、司会者のわざとらしい台詞まわしや、安っぽい歌手達や、阿呆くさい踊りや、うざったりパフォーマンスにツッコんで楽しむコンテストのようです。
ユーロビジョンソングコンテストが笑って馬鹿にし合う音楽の祭典にいつ変化したのか知りませんが、ファンがいるのも確か。
私も、過去5年くらい全く観ていなかったのに、たまたまテレビつけていたらやっていて、ヒマだったのでそのまま見続けてしまいました。
この『やすっぽい曲』に魅せられて。
大昔に流行った曲の十番煎じくらいのポップミュージックに、呆れたり笑ったり。
それでもがんばっている歌手やダンサーさんに時には感激したり、どうしてこの歌手が選ばれたのか考え込んで頭痛おこしたり、ヨーデルとラップ音楽のコラボに開いた口が塞がらなくなったり。
その余りの安さに、優勝したり高得点を得ることが果たしてそれほど意義のあることかさえ、疑ってしまうのです。


今年の優勝者は、Amar Pelos Dois(英語ではLoving for both of usという意味だそうです)という歌を歌ったポルトガルのサルヴァドール・ソブラル (Salvador Sobral)さん。
ユーロビジョンソングコンテストとしては、珍しいタイプの音楽で、ジャズをベースにした美しい曲。
セピア色の古い映画の、街路樹を抱き合うように歩く恋人達を思わせるような、なんともオシャレでロマンチックな歌。
これには、全ヨーロッパがうっとりしてしまいますよねー。

(サルヴァドールさんの歌い方が気持ち悪く生理的に受けつけられず自ら歌の雰囲気をぶち壊して台無ししていることに関しては、触れないでおこうと思います)


こういった浅はかでバカバカしくて超安い文化を分かち合ってツッコみ合える近隣諸国が四十国以上もあるって、幸せなことだと思います。
東アジアでは政治的に文化的に、なかなかこうはいかないので残念です。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

『チャールズ三世』〜 チャールズ皇太子がもし王位を継承したら

チャールズ皇太子が王位についた暁には、どうなるのか。


そんなことはお茶の間や職場でちょっと話題になるくらいと思いきや、それは日本人の感覚。
ここは英国。
英国では、王室のメンバーはコメディーやパロディーやドラマや映画や芸術の分野でも、取り上がられてナンボのものです。
最近はすっかりおとなくしなりましたが、過去においてはロックやポップ音楽でも王室ネタは十八番でした。
英国人は、嬉々として英国の王室のメンバーを弄んで『文化』にしているのです。

(英国の若者文化が元気だった70年代には、こんな曲があって世間を騒がせたのに。今ではこれも単なる過去の遺産)


『King Charles III』という演劇を元にしたテレビ映画がBBCにて制作され、5月11日に放映されました。

チャールズ皇太子が王になるとどうなるのか、それをドラマ化したものです。
原作が舞台なので、台詞回しとかちょっと劇化がかっていたり韻踏んでいたりしますが、それなりにまあまあ楽しめました。


何故こういう演劇が生まれて人気を博してテレビでドラマ化さえされたのか。
それは、チャールズ皇太子という方が、政治的な信条を確として持っている方だからでしょう。
チャールズ皇太子はとても頭の良い方で、社会的政治的にも関心が深いことで英国ではよく知られています。
ただ、それが時には英国の与党の政策と相容れないことも。


しかし、ドラマのほうはどうもこうも、ツッコミどころが満載でした。
英国人の連れも「さすがにこれはないよねー」という箇所が多々あったようです。
いきなり暴動起きてるし。
しかもバッキンガム宮殿の前で。
ここで語られたハリー王子の話、これが特に問題ある。
制作、放映もとのBBCは視聴者から抗議が多く寄せられたようです(当たり前です。特に王子の父親について疑問を投げかける言及があったから)。
個人的には、ハリー王子のファッションがダサダサすぎて笑えるのが一番のツッコミどころでした。


それから、Youtubeでチェックすると、やはり舞台では迫力があって真に迫っている感じです。
テレビ版だと、なんだかいまいちしっくりこない場面やキャラクターの性格や心情も、オリジナルの舞台では納得できそうです。
演劇をそのまま録画して放映してくれたほうが良かったのに。
うーん、残念。


(万が一、日本でも字幕がついて発売されたりレンタルされるかも知れないので、ネタばれは控えました。)


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ダム? そういえば、英国ってダムあった?

アメリカのカリフォルニア州にあるオーロビルダムの惨事のニュースは、人ごとではないと危機感をもって見守っています。
一刻も早く適切な修理がなされて、周辺住民が安心してもとの生活が送れるようになることを祈るばかりです。


それにしても、ふと思ったのですが、英国にダムがあるとかいう話を聞いたことがありません。
幸いなるかなネットの時代、グーグルで検索してみれば、何か出てくるのではないかと思いました。
『uk dam』とタイプしてみたところ、こんなものが一番に出てきました。
List of dams and reservoirs in United Kingdom


dams & reservoirs?????
ダムため池が、英国では同じくくりのウィキペディアですか?
しかも、リストを眺めていても、ダムのダの字もなかなか発見できない。
殆どため池のような気がするのですが。
さすが、高い山不足の英国。
一番高い山で、スコットランドの ベン・ネビス山で1344メートルですから。
(箱根駒ヶ岳で、1356メートル)
イングランドだけみ見ると、スカフェルパイクで、978メートル。
それでも小型のダムもないって、なんだか信じられない。
そういうわけで、生まれも育ちも英国の連れにダムについて聞いてみました。
「ダム? ないと思う。あるとしたら、ビーバーが作ったものくらい。ま、ビーバーが英国にいればの話だけど」


ああ、聞くだけ無駄でした。
しかも、その後に連れはダムについてネットで調べようともせず、逆にビーバーが本当に英国にいるのか確認。
スコットランドにはビーバーがいたようですが、16世紀に絶滅。
最近、再びスコットランドにビーバーを迎え入れたようなので、英国にダムは確実に存在します。




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

当たり前だけど、ナンパしてくる男性はろくでもないことが多い

「XX国に行くと、日本人(女性)すっごいモテますよ〜。いっぱい声かけられますから」
以前、ネットで日本のテレビ番組を観ていて、そんな発言を聞いたことがあります。
声をかけられる、つまりナンパされることと、モテることがどうしてもイコールだとは思えず、なんとなくもやもやとした気分になりました。


英国以外の国はよく分からないので、英国、ロンドン限定で語らせて下さい。
外国に出れば、日本人女性は外国人なので、目立ちます。
人種的に違うから、というのが理由のひとつです。
だから、ナンパ野郎のターゲットになってもおかしくはないです。
それから、観光地には、観光客を相手に誠実に仕事をしている人がいる一方で、観光客から金をふんだくってやろうと考えている悪い人達がいます。
スリとか、詐欺とか、そういった類いのターゲットに、『外国人』である日本人が選ばれることに不思議はありません。
観光としてのみでなく、短期留学/滞在、長期滞在でも初期の頃は、観光地やその周辺を拠点に行動することが多いと思うので、ナンパ野郎や犯罪者に出会う可能性は高いと思います。
(ロンドンのような大都市で移民も多いと、ナンパ野郎や犯罪者は、英国人とは限らず『外国人』である可能性も高いです)
ロンドンに行った日本人女性が、男性から声をかけられる可能性は、日本にいるときよりも高いと思います。
だからといって、日本人女性がロンドンで『モテる』ことには全くなりません。


まず、女性に声をかけてくる男性に、マトモな人はほとんどいません。
ロンドンのみならず、日本でも日本人女性をナンパしてくる男性に性格がよくてちゃんとした男性は少なく、誠実な理由がその背後にあることはほぼなのと同じ理由です。
ロンドンで日本人女性が遭遇しやすいナンパ野郎には、私は大雑把に三通りのタイプがあると思います。



ひとつは、外見がそこそこだったりいい仕事していて、女性にはそこそこモテるのにナンパするタイプ。たまたま一目惚れしたとか、女好き過ぎて『研究熱心』なあまりナンパしないと気がすまないタイプ。

ふたつめは、人種、宗教、文化、年齢、美醜の差を問わず、女と見れば声をかけないとすまないタイプ。

みっつめは、過去に日本に行ったり日本人とつき合った経験があり、日本人や東洋系専門に声をかけるタイプ。



ひとつめのタイプは、ほとんど存在しないしそれほど重要ではないし、ナンパされてもひどい目に遭うことはまずないと思います。
何故一応書いたかというと、二十年以上も前の話ですが、私の知り合いの日本人女性が本当に一目惚れされたことがあったからです(若いって、いいわ)。
あとは、成功率の高いプロのナンパ師ですね。
プロのナンパ師は、声をかける相手を間違えることはほとんどない、つまり断られることの滅多にない生粋の女好き。


ふたつめは、モテないから声をかける、救いようのないタイプ。
実際、女なら誰でもいいからナンパする、という男性は、観光地以外のロンドンでもいたるところで繁殖しています。
連れが、街中で働く清掃員が仕事中にその作業服のまま、女性をナンパしていたという強者のナンパ野郎を目撃したそうです。
できれば街中から一掃したい、勘違いの男性達です。


日本人女性を狙って声をかけてくるみっつめが、日本人女性がロンドンで一番遭遇しやすいタイプかも知れません。
パブでも、観光地でも、駅でも、スーパーマーケットでも、はたまた大学のカフェでも。
なかには、実際に日本で英語教師やボランティアをしてその最中に日本人の彼女ができて、きちんとお付き合いしたけれど英国への帰国のために別れなくてはならず、といった誠実な人も若干いるかも知れません。
でも、ほとんどは、やっぱり薄気味悪い。
「僕は日本にこんなに関心があるんだから、キミは僕に興味をもってくれるでしょ」みたいな下心が見え隠れ。


ふたつめとみっつめには、潜在的に危険をはらんでいるケースがあると思います。
何故ならナンパを仕掛けてくる男性は、ナンパした相手の心理なんてまったく考えないし女性を尊重なんてしないから。
だから、ルックスとか清潔感とかを向上させても、彼らは女性に好かれる可能性が低いと思います。
まず、女性にモテないことがナンパしている内因になっているのに、多分そのことに気付いていないのでしょう。
ただ、下手な鉄砲も数撃てば当たるように、彼らもナンパを成功させるのです。
賢くてそこそこモテる女性でも、自暴自棄な時期にたまたまナンパされたらついて行ってしまうこともあるのかも知れません。
そして、交際から結婚へ、なんてこともあるのです。


日本人女性が好きでナンパしてくる男性で、マトモな男性はほとんど見たことがありません。
ナンパから始まって、結婚した日本人女性の知り合いがいました。
でも、その男性はアルコール飲酒の問題があって精神科医にもかかっている一方、結婚後もナンパして日本人女性と密会していたとか。
とりあえず、犯罪歴がなく暴力をふるわないだけ『よかった』のかも知れません。


古今東西、性格がよく誠実な男性は、女性に好かれるのでナンパする理由はないと思います。
では、どういったタイプの男性が女性に、特に外国人の女性に何故ナンパするのか。
そんなに難しい問題ではないと思います。
(でも、自信をなくして落ち込んでいる時や寂しい時って、引っかかりやすいのかな。特に言葉も文化も違う海外にいると、声をかけられるって、孤独感が柔らいで嬉しいのかも知れない)



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR