FC2ブログ

英首相が変わっても、多分良くならないでしょ

さてさて、英国はメイ首相が半強制的に首相の座をおわれまして、現在、与党保守党の新リーダー兼新首相の選出がおこなわれております。
そう、党首はそのまま首相になるわけですよ、最近の世論調査によると保守党の支持率ガタ落ちで20パーセントを切ることもあるというのに。


先週の第一ラウンドで、新党首に立候補していた10議員が7議員に減り、1議員が辞退して、残りは6議員。
この火曜日に第二ラウンドがあります。
新党首になると予測されているのは、あの、エリート中のエリートな家柄出身でエリート中のエリートな教育を受けた、どうみてもエリートには見えない髪の毛ボサボサお腹ぽっこりで、暴言失言差別発言で有名な、 かつてはリベラル左派の多いロンドンからリベラルっぽそうという誤解で選出されロンドン市長を2期務めたボリス・ジョンソンさん。


ボリス・ジョンソン、ビフォーアフター。
boj.jpg
最近妻と別れ、30歳の新しい彼女と一緒になったボリス。最近は髪の毛も落ち着き、ちょっと痩せて、つまらなくなりました。
新しい彼女は、保守党等でPRなど手がけていた方のようです。
アドバイスされてるのかな?


そーです、ボリスは、超強硬派、EU離脱に関しては。
世界中が混乱するし、世界経済の悪化、あるいは深刻な金融危機を誘発する可能性のある合意無きEUの離脱も辞さない、といったスタンスを彼は取っています。
更に人種や宗教差別的な言動が過去に多く、そういった理由からも世間からはとても反感が強いのです。
総選挙すっとばして、党首選だけでそのまま首相になれるので、これは野党支持の国民からの大反発が必至。
ボリスが首相になったら、大規模の反ボリス反合意無きEU離脱デモがおこなわれるでしょう。
保守党内からも、ボリスだけは許さん派がいるようです(でも、どうなのかな。アメリカの共和党も最初のころはトランプだけは許さん派がいたのに、気付いたら殆どトランプに靡いたものね)。


どのみち、誰が新しい首相になるにしろ、英国がまとまって(その前に保守党がまとまれるかどうか、疑問)、たいした困難もなくEU離脱するなんて、夢のまた夢。
あの予想を裏切った国民投票の直後に選出されたメイ首相が、3年近くもったのはある意味奇跡。
そして、次の首相は、もっともっと早く辞任しなくてはならなくなるかも。
保守党は過半数を得てないのだから、やはり誰が首相になってもEU関連の法案を通すのは至難の業だと思います。


だからといって、解散総選挙なんかしたら、どうなるのか。
最近の世論調査、バラバラの結果なんですよ。(Opinion polling for the next United Kingdom general election
出来たばかりの極右ポピュリストな政党、ブレグジット党が躍進しているし、野党大一党の労働党がEU離脱の立場をはっきりしないものだから労働党支持の一部が(労働党の殆どは残留派)ブチ切れて、残留を掲げている自由民主党等に流れてしまっているのです。
Screen shot 2019


まだまだ、分断と混乱の英国は続きます。
ますます、状況は悪くなりそうです。




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

消えたブログ、理由は嘘だったから。納得。

久しぶりのブログです。
何があったというわけでもないですが、なんとなくギスギスした日々が続き、単に面倒という理由だけで、ブログ放置していました。


ふと、なんとなく、あれ、そういえば、と思い立ち、以前たまに読んでいたブログを検索してみたら、半年くらいまえに見事に消滅しておりました。
『冷えても夫婦は継続中』とかいう、ブログですね。
英国在の日本人女性が、同居中の姑にいじめられたり、英国人旦那からのモラハラ/暴力/浮気と苦しむ、でも仕事ではたいした苦労話がない、そもそも結構な金持ちの家に嫁いだ設定なのに何故に義理の父母と同居なんだよ、という謎に満ちたブログでした。
英国在住の方なら作り話と簡単に見破れるレベルの、細かい設定でよく間違っているブログでした。
そもそも、創作力がいまいち欠けている。
主人公の感情がよく描けていない。
どうしてこんなフィクションを頑張って書かなくてはいけないのだろう?
作家目指しているのかな、と訝しがってました。
そういう訳で、私はフィクションとして楽しんでいたんですよね。


ま、単なる、嘘ブログ。
金目的みたいな。
なんか、スッキリ。
でも、誰かスクリーンショットくらいはとっておいて欲しかったです。
ここが間違いなんだよ〜、これでは甘いんだよ〜、これでは英国在住者や英国に詳しい人や海外生活に長い人は騙されないよ〜、と、ツッコミいれたかったな。


実は、似たような問題が、私の英国人の連れの仕事関連で起こっていて、それで最近ストレスレベルがあがりまくっていたのです。


正確に言うと、連れが仕事をしている男性が、連れて来た女性が、ネット使って詐欺っぽいことして創作して、自分の仕事上ので実力を大きくみせている。
直接関わっていないからまだいいのですが。


でも、たいていのネットの嘘は、ちょっと検索するとなんとなくおかしいと分かるレベルなのに。


連れは全く気付いてなかった。
それよりも、金を払って直接彼女を雇っているその男性、多分、全く、気付いていない。
指摘すればいいという訳にもいかないんですよ、今のところ(ごめんなさい、いろいろ説明できなくて)。
ホントに、どうしようもないな。
でも、こうやって嘘ブログが消滅した事例を見て、なんとなく元気をもらいました。
そう、いつまでも嘘が通用するわけない、って。
(ま〜、その嘘を嘘と分かって楽しんでしまっている私みたいな人もいたわけでして。最近はこの女性に対しても、その嘘つきまくりに感心して、ちょっと楽しみ始めているんですよね、なんだかリアルな探偵小説とか、心理分析みたい)




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

きもかわ系隠れ家的カフェ、みーつけた。

イズリントンにある、カフェ。
マーク・ライデンの不可思議でシュールなアートで飾られた、小さくて居心地がよくてかわゆいカフェです。
こーいうカフェ、近所に欲しいかも。
イズリントンはあまり昼間に来ないからな〜、残念、また来るのはいつになるのやら。


一階の席もかわいかった。
c19.jpg

同行のおっさん達と席をとったのは、二階。
運良く他にお客さんがいなかったので、貸し切り状態。
c12.jpg

こんなかわゆいカフェに、あやしい白人のおっさん二人と東洋人のオバさん。
そのほうがシュールかもしれない。
c13.jpg

天井から椅子逆さにしてぶらさげてるのよ〜
c9.jpg

自然光のみ。それで充分あかるい。
c1.jpg

マーク・ライデンさんの絵って、こんなの。
c4.jpg

一見かわいいけど、よく見ると、あれ? という、感じの絵。
c10.jpg

食事もそこそこいいよ〜。
値段も安い方だと思う、このエリアだったら。
でも、狭いので混んでいたら嫌かも〜。
c8.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

続きを読む

教会そのままライブ会場になってしまった Union Chapel

イズリントンのUnion Chapelに行ってきました。
19世紀後半に建築された教会なのですが、ライブ会場にもなっているという、わけわかんなさ。
でも、ライブ会場としてはいいんですよね〜、雰囲気でまくり。
あ、もちろん激しかったり速かったりノイズいっぱい系の音楽は、ふつう無いです。


正面入り口は、こんなかんじ。
union c1


両隣は、普通の住宅(あと、ちょっとオフィスも。通りの反対側は、お店とかパブとかレストランとか)
union c2


ステンドグラスがいいね〜
うにちゃぺ


unic3.jpg


unic1.jpg


以前来た時は、入り口で荷物チェックされました。
今回は、どういうわけか、無し(以前より、観客層がもっともっとおっさん。ミュージシャンの年齢が、高かったからな、今回は。だから面倒くさくて荷物検査やめたのかしら?)。
それで、すごく気分良かったです。
やっぱりライブ会場等に入場するのに、バッグの中身見せたり、身体検査されるの、本当に嫌です。
安全面のため、仕方ないのでしょうけど。
それだったら、スーパーマーケットや病院も荷物検査しないとヤバいんじゃないの〜?
(というか、荷物検査のために並んでいる行列が攻撃されたらどうするのだろう、と、疑問に思ってしまうんです)


で、お目当てのミュージシャンはといいますと、内緒。
(身バレ防止のため。ごめんなさい)



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

Regent's Canal 運河のお散歩


地下鉄の駅、Angelから東の方へ、お散歩。

canal1.jpg


実はけっこう、こういった運河の水、キタナイです。
英国だから、今更言うことでもないでしょうけど。
canal2.jpg


古びたレンガの橋。
canal4.jpg


橋の下。
あやし過ぎ。照明が更にアヤシさ増し。
canal3.jpg


熟睡中の白鳥さん。
同じ格好で寝ている。
canal5.jpg


運河沿いでは、散歩やジョギングや自転車や犬の散歩等。
比較的穏やかと思いきや、けっこう人の行き来が激しい。
しかも、橋のしたや場所によっては狭かったりするので、ちょい危ない目に遭いそうになる。
全速力で走りまくるサイクリストは、危ないので運河沿いは禁止して欲しいです。
canal6.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村