ピター・ラビットの50ペンス硬貨

こーんなものをお釣りでもらってしまいました。
ピーターラビット50p


ピーター・ラビットの50ペンス硬貨です。
図書館で頼まれ物のコピーをして、お金を払ったら
「スペシャルなお釣りをあげるわね〜」と司書さん。
こんなお茶目な50ペンス、ありがとうございました。
言われなかったら、気付かずにどこかのスーパーで使っちゃていたと思います。
製造は2016年。
こんな可愛いものが流通しているなんて、知りませんでした。
Peter Rabbit 50p←このサイトによると、800万のピーターラビット硬貨が発行されたそうで、価値はないようです。
(とはいえ、ネットでもっと高額で売買されているようです)
でも、見つかると嬉しい。
他にもレアな50ペンス硬貨があるようなので、これからお釣りはチェックしなくては。
(希少価値の高い50ペンス硬貨のリスト→There are over FIFTY FOUR 'rare' 50p coins in circulation and some ...) 



50ペンス硬貨の反対側は、英国で一番有名な方の肖像。
50p1.jpg





にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

キングス・クロス駅のトイレは有料でした

ちょっと前のことですが、時間を持て余してしまいキングス・クロスの駅の探索をしてきました。

以前はボロくてしょぼかったんですよね(基本、英国のほとんどの建物や場所は、しょぼい。最近は観光地とかちょっとマシになったけこ、以前は観光地でさえ情けないところも多々ありました)
キングス・クロスの駅がキレイになってから、全然用がなくて近くにくることがあっても駅構内に入ることもなかったなあ。
kx5.jpg


レンガ造りの建物が、お隣のセント・パンクラス駅。
kx3.jpg


以前は、たいしたお店もレストランも無くって、どーしようもなかったんですけどねー。
とりあえず、ちょっとは近代的できれい。
kx6.jpg

キングス・クロスといえば、ハリポタで有名になった駅。
そういうわけで、駅の一部は観光用。
作られたちゃちなプラットフォーム9と3/4では、写真撮影(料金とってるみたいよ、がめついなあ)。

kx1.jpg


天気のよくない平日の夕方だというのに、プラットフォーム9と3/4には行列ができていました。
週末の午後二時とか、どんな行列できているんでしょうか。
夏休みとか、ただ一瞬の撮影のために何十分並ぶのでしょうか。
kx4.jpg

すぐそばには、ハリポタショップがあります。
金、稼ぎまくりですねー。
そして、その奥にトイレがあるのですが、これが、なんと、有料。
トイレでも、金稼ぎ。
馬鹿にしているよねー。
ハリポタファンから、ちゃちな嘘ものプラットフォーム9と3/4で稼いで、更にトイレで小銭稼ぎ。
20ペンスか30ペンスか忘れたけど。
いまだにトイレが有料の駅が大きなロンドンの駅であったとは。


どれだけ残念な駅になりさがったのでしょうか。
お隣のセント・パンクラス駅では、トイレはタダです。
みなさん、お買い物もコーヒーも食事もトイレも、セント・パンクラス駅に行きましょうね。
(あちらはユーロ・スターの発着駅なので、お店もレストランもたくさんあって空港みたいで楽しいです)



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

コモンウェルス・ゲーム、開催中(だから?)

今現在、Commonwealth Gamesとかいうスポーツ競技がオーストラリアで開催されていて、英国にいるとニュースで報道されていたりします。
Commonwealth Games コモンウェルス・ゲームというのは、イギリス連邦の国々がスポーツを競い合う大会。
イギリス連邦の諸国というのは、かつて英国の植民地だったエリアが独立した国々によるユルい連合らしいですね、簡単に言うと。
別の言い方をすると、英国が地元の王様や金持ちや政治家や商人を嘘ついたり騙したりモラルに反するようなありとあらゆる悪いことをして搾取しまくったエリアや、英国の犯罪者の流刑地にされたところ主権をもって独立した国などが、それ以降もなんとなく英国を利用したり英国に利用されたりしているダラダラな仲をなんとなく続けている関係っていったことろでしょうか。


英国とそのかつての植民地が大集合してスポーツの祭典を開くのだから華やかになっていいはずなのに、世界的にみたらほぼ無視されているも同然の大会。
どう足掻いたって、小規模のオリンピックほどの影響力もない。
オリンピックを意識してか、4年に一回、オリンピックの開催から2年後に開いているのに。
しかたないよねー。
参加国がかたよりすぎ。
競技もかたよりすぎ。
英国(オリンピックと違い、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドと国ごとに割れて参加しています、サッカーと同じく。オリンピックでは英国は連合王国としてひとつの国としてしか認可されないんですけどねー)と、オーストラリアやカナダ等の金持ちの国がメダルがっつりとってしまうし、そのくせしてスポーツ大国のアメリカやロシアや他のヨーロッパ諸国が参加していないと、なんとなく迫力に欠けるような。
競技にもよると思うのですが、トップクラスのスポーツ選手が一同に会して競い合う一流のパフォーマンスが見られないのに、何故にコモンウェルス・ゲーム見る価値ってあるんでしょうか。
もちろん、母国がコモンウェルスの国だったらちょっとは違うのかも知れませんが。
それよりも、世界トップクラスの選手だったら、他の世界トップの選手が参加する大会と重なったら、コモンウェルス・ゲームへの参加を見送ることもあるのでは。


英国が騙して富みを奪い取った国々は、何故かあったかい国が多いし、英国に高い山がないのでスキーがほぼ不可能で冬季オリンピックに弱いので、コモンウェルス・ゲーム・冬季大会は開催されていないし、されることもないでしょう。
冬季オリンピック好きなので、英国人に生まれなくてよかった、と思います。
(今年は帰国中に冬季オリンピックが開催されていて、久しぶりにオリンピックを心から楽しめました)



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

おひさしぶりです

なんとなく、またブログに戻ってきてしまいました。
日本帰ったりしてました。


ブログ再開しても、たいして書くこともないんだけどねー。
まー、なんとなく適当に5年もブログ続いていて、飽きっぽくて面倒くさがりでいい加減でちゃらんぽらんな私にしてはよくやっていると思います。


人生充実して大忙しになって、ブログを止めるのが夢。
なんだけどなー。
2015 ぷうおなかのけ
最近、またもふもふと一緒に暮らしたいという思いが強くなっています。
(それか、情緒不安で、もふもふを求めているのでしょうか)



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

たいしたことないお知らせ

しばらくブログお休みします。
じゃ、またねー。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村